読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春の嵐 前編


f:id:ootmarsum:20141201094753j:plain

ここではない時。

ここではない、どこか。

牧畜を司る神、パーンがいました。

その息子の名前は、アベル

このアベルこそが、この物語の主人公です。

パーン「アベル。明日はお前一人で、この羊の面倒を、見なきゃならん。それが牧神としての、お前の最初の試練になるだろう。」

アベル「父さん、わかったよ。ぼくは、必ず一人でやり遂げてみせる。期待してて!」

パーン「うむ。お前なら、きっとやり遂げられる。だが、油断だけはするなよ。男が何かを成し遂げようとするとき、最も恐ろしいのは、この油断なのだから。」

アベル「大丈夫。ぼく、そんな事しないよ。そっかー、楽しみだな。早く明日に、なればいいのに。」

パーン「うんうん。我が息子ながら、頼もしい事だ。」

翌日アベルは、羊達を放し、自由に草を食べさせておりました。

そうすると、小さなか細い、叫び声が聞こえて来たのです。

「あれー!誰か、助けて下さーい。羊が、羊があたしを食べようと…。」

アベルは、ハッとして辺りを窺いました。

しかし、神や人間の姿は、どこにもありません。おかしいと思い、羊達の口元を、よく観察してみると…。

小さな、タンポポの花が咲いていて、その葉っぱを、羊が食べようとしていました。

アベル「これ、お前。その葉を食むのは、お止しよ。」

羊は、メェ〜と鳴き、あちらへ行きました。

アベルがよく見ると、花の陰で、それはそれは小さな女の子が、震えていました。

アベル「君かい?さっき、叫び声を上げたのは?」

女の子「ええ、そうです。羊は、あっち行った?」

アベルが頷くと、女の子はスッと立ち上がり、こう言いました。

「あら、ありがとうございまして。あなたが、あの悪い羊を、追っ払ってくれたんですね?」

アベル「うん、まあ…。ぼくの羊だから。」

女の子は、眉を吊り上げて、怒りました。

女の子「それは、ひどいですわ!あたし、あと少しの所で、食べられそうだったんですよ。羊の管理を、ちゃんとして下さい!羊飼いとして、失格です。」

アベル「ぼくが、悪かったんだけど…。ぼく、今日が初めてなんだよ?羊の番するのさ…。だから、許してよ。」

女の子は、ハッとして言いました。

「あら、それは失礼!でも、知っておいてくださいね。羊達の食事には、常に危険がつきものだと。私達花の精にしたら、それこそ命がかかつてるんですから。」

アベルは花の精と聞いて、少し興味が出てきました。

アベル「へぇ、君!花の精なんだ。ぼくは、花が好きでさ。家じゃ、色んな花を咲かせてるんだ。そっか。花には、花の精がいるんだ…。」

女の子「ええ、そういう事です。何にせよ、あなたに命を助けて頂いたのですから、お礼を申し上げます。ありがとう。もっとも、失いそうになったのも、あなたのせいだけど…。」

女の子は、小さな頭を、ちょこんと下げて、挨拶しました。

女の子「申し遅れました。私は、ノア。タンポポの、花の精よ。」

アベル「ぼくは、アベル。羊飼いだ。」

こうして、その日は別れました。

しかしアベルは、何となくノアの事が気になって、夜眠れませんでした。

アベルは、空が晴れているのを見ると、朝早く井戸の水を汲んで、ノアの元に向かいました。

アベル「やあ、ノア。起きてる?」

ノア「もう、起きてます。花の朝は、早いんですの。昼になると、虫達が蜜を集めに来るでしょ?その蜜を、こさえとかにゃいけないんですのよ。」

アベルは、感心して言いました。

アベル「そうなんだ。花の世界も、色々あるんだね。」

ノア「ところで、何の用ですの?申し上げたとおり、あたし、忙しいんですの。花の世界では働くのに、大人も子供も、ないんですからね!」

アベルは、笑顔で言いました。

アベル「今日は晴れてるから、水を汲んできたよ。渇いてるだろ?」

ノア「ま〜、素敵ですわ!あたし達花にとっては、新鮮な水が、何よりのご馳走ですの!ねぇ、早くかけて、下さらない?」

アベルは、贈り物を喜んでもらえて、上機嫌で答えました。

アベル「いいよ、ほら!」

ノア「ああ〜、おいしい。何て気持ちがいいんでしょう!ありがとう、アベル。あたし、お腹いっぱいになったわ!」

アベル「いいんだよ、これくらい。またよかったら、汲んでくるよ。」

こうしてアベルは、晴れている日はいつも、ノアの所に、水を汲んで行きました。

アベルは、空が晴れていると、喜んで目を覚ましました。

それは、ノアに会えるからです。

反対に、雨が降ると、憂鬱でした。

それは、やっぱり同じ理由で、ノアに会えないからでした。