読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寸劇 金太郎 後編

 シーン3 さくらんぼ狩り
金太郎、元気に登場する。
金太郎「おっかさん!おいら山のみんなと、おっかさんの大好きなさくらんぼ狩りに行ってくるよ。熟れたさくらんぼを、たらふく食わしてやるかんな!」
お母さん、頷いて。
お母さん「ありがとう、金太郎。でも、あまり山奥まで行くんじゃありませんよ。熊が、でますからね。」
金太郎、笑顔で。
金太郎「おっかさん、心配すんな。おいら、強えから!それじゃあ、行ってくる。」
金太郎と山の仲間達が、川までやってくると、橋が流されている。
うさぎ「あれ、水かさが増えて、橋が流されてるよ!」
りす「金太郎、あの大木を倒して、橋にしよう。」
金太郎、手に唾を付けながら。
金太郎「よし、みんな。おいらにまかしとけ!行くぞ、そいや、そいやあ!」
金太郎が張り手を繰り出すと、大木は倒れる。
子ジカ「ありがと、金太郎!これで、川が渡れるね。」
金太郎、嬉しそうに。
金太郎「うんうん。それじゃあみんな、桜の木まで、もう少しだ!」

シーン4 熊との相撲
金太郎と山の仲間達、さくらんぼを採っている。
金太郎「こんなにあっちゃあ、採りきんねえな…。む、おめえは誰だ!?」
熊、登場する。
熊「ガオ〜、おれ様は熊だ!この足柄山は、おれ様の領地。お前達、誰に断ってさくらんぼを採っている!」
山の仲間達、怖がって身を寄せ合う。
山の仲間達「きゃ〜、怖い!」
金太郎、山の仲間達をかばう。
金太郎「おめえは、暴れん坊の熊だな!みんなを怖がらせて、悪い奴だ。よし熊、おいらと相撲で勝負しろ!」
熊、強気な様子で。
熊「いいだろう、望むところだ。行くぞ、金太郎!」
金太郎と熊、がっぷり四つに組む。
熊「なかなかやるな、金太郎!だがおれは、この前この足柄山に出稽古に来た、あの大横綱白鵬関さえ片手で投げ飛ばしたのだ。さすがのお前も、おれには敵わんぞ!」
熊、押しきろうとする。
金太郎「確かにおめえは、強え…。だが、おいらにはおっとさん、おっかさんがくれた、この大力がある。よいしょお、どっこいしょ!」
金太郎、熊を投げる。
熊、立ち上がってうなだれながら。
熊「うむむ…。悔しいが、おれの負けだ。この足柄山はお前の物だ、金太郎!」
金太郎、熊を励ますように。
金太郎「バカ言うんじゃねえ!足柄山は、みんなの物だ。そんな事より熊、おめえも、みんなと友達になれ!」
熊、両手を挙げて、元気に。
熊「そうか…。おれも心の底では、みんなと友達になりたかったのかも知れん。よし、みんなが食べ切れんほど、さくらんぼを採ってやろう!」
金太郎も、元気に。
金太郎「そりゃ、いいや。みんなで仲良くするのが、一番だ!」

テーマ曲 「Song 0」 cononsuzuki
(ぼくの曲です。お恥ずかしい…。むか〜し、書いた曲です。)