読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい隣人(Folding Space) 3

裕一は喫煙所で修司と、ソープランドの話に興じていた。

「いや〜、マジでよかったよ!最高だったぜ。」
「結構、ハズレも多いって言うからなあ…。」
裕一は、シュウェップスシトラス味を、口にした。
「本当だよ、あんないい思いが出来るなら、また行ってもいいなあ。」
修司は、煙草を揉み消しながら言った。
「どうせ、マグロだったんだろ?でも、いいよな。オレも、行こうっと。」
裕一は喫煙所を出ると、神保町に向かった。
近くのバーガー・キングで昼食をガッツリ摂ると、古本屋街へと向かう…。
最近は、音楽や映画だけでなく、文学や美術にも興味が出て来ていた。
今読んでいるのは、ドストエフスキーの「地下室の手記」。
いわゆる名作ではないのだろうが、文学というものの懐の広さが感じられた。
安い文庫本を色々眺めていると…。
「おっ!ホフマンじゃん。」
黄金の壺、E・T・Aホフマン作である。
前から読んでみたかったのだ。
レジで会計を済ませると、ディスク・ユニオンに急いで戻る。
次の日は、休みだった。
昼ご飯はカップ焼きそばにソースは勿論、さらにコンソメをまぶして麺つゆをかける。
おかずはかき揚げの天ぷらで麺つゆには使うのだが、そこへマヨネーズを付けてごま油を垂らすのだ。
これが、彼の食べ方だった。
特にすることも無く…、最上もがさんの写真集を眺めながら、音楽を掛けて過ごす。
ウィルキンソンジンジャーエールを飲みながら、カルビーのコンソメパンチをパクつくいていた。
机の上には、ノートPCのVAIOが置いてある。
ジョイ・パッドが接いであって、エミュレーターで昔のレトロ・ゲームが遊べる様にしてある。
彼は、レコードが好きだったのだが、ディスク・ユニオンは従業員には販売しない。
それで、最近はインターネット・ラジオで様々なジャンルの音楽を試している。
音質の好きだったB&WのC5イヤホン接いだXperiaでD.I.Radio「Future Garage」チャンネルを聴いていると、インターフォンが鳴った。
ドアを開けると、そこには愛穂が立っていた。
Camperの、つま先にパンダをあしらったTwinsを履いている。
「上がるよ?…いいでしょ。」
愛穂は上がり込みと、レジ袋を下ろした。
中には、スプライトが二本入っていた。
愛穂は振り返ると、イライラしながら言った。
「何であれから、連絡くれないの?」
最近祐一は、煙草にも懲りだしていて色々と試している。
リトル・シガーのCaptain Black Classicに、取り敢えず火を点けた。
何故なら裕一には、愛穂が何にイライラしているのかが、わからない。
「…だって、振られたんだよな?オレ。」
裕一は、煙草を取り出しながら言った。
「まあ、座れよ。スプライト、もらうぜ。」
愛穂は仁王立ちして、ソクロを見下ろした。
「私の気持ち、あなたにわかる…!?」
柑橘フレーバーの炭酸飲料に最初にハマったのは、そもそもは裕一だ
「わかる訳ねー!何、考えてんだよ…?」
愛穂は、裕一の返事にカッとなって、床に置いたスプライトを素早く取り上げると、裕一に向かってビュンと、投げつけた。
スプライトの350ml缶は、裕一の眉間を正確に捉え…、彼は呻いた。
「あれは、あの返事はさ!」
「痛えなあ、もう。お前が好きなのは、スティーヴ・ブシェミだろ〜?」
彼女は怒り心頭に達し、宣告を下した。
「私が本当に好きなのは、あなたなんかより全然カッコいいジャン=ポール・ベルモンドよ!」
愛穂は、ワナワナと震えた。
「アンタのアプローチが、ド下ッ手くそなだけじゃない…!!何で…、何でそんな事もわかんないのよ。あなた、私とどれだけ一緒にいるの?
愛穂は、激しく涙を流し始めた。
彼女は愛須心亜さんを、少しキツくした感じの顔だった。
裕一はどうしたらいいのか、サッパリわからない。
愛穂は、裕一に強く抱きついた。
愛穂の微かな乳房の感覚が、胸に伝わってくる。
裕一は、力を入れるのをためらった。
儚いシャボン玉みたいだ…。
小さく喘ぐ彼女。
「祐一…、私でオ◯ニーしてたんでしょ?どんな姿、想像してた…?触りたい…?、私の胸とかお尻とか。早く、抱いてよ…、バカ!私が上になって、リードしちゃうんだから…?そしたらさ…、裕一どうする?私が、スッゴイ巧かったら!!あでも、…飲まないよ。私は、おトイレじゃないから…!!誰より惨めになるじゃない!!!ま◯ら営業じゃ…、無いんだしさ!!だからアイドルと一緒にしないでよ、…ね?…だから。」
しっとりとした目で上目遣いに見上げながら、彼女は細かくフルフルと慄えている
「そーゆーのは…、もうしてきたからいいんだよ!」
裕一は、取り敢えず愛穂が落ち着くのを、待つ事にした。
…勿論、自分の気持ちもだ。
こういう時は、どうすればいいのだろう?
先ずは、キスからだよな…。
あっ…!!!
コンビニ行って…、コンドーム買って来なくちゃ!
千円ぐらいだよなぁ、…多分…。
彼女は下を向いて、ポソッと言う。
「コン◯ドームは、私が買って来たから…。…だから。◯っきいのじゃなくて…、いいよね?」
祐一は愛穂を、強く抱きしめた!!
「そんな事…、言うなよ!愛してるんだから!!!」
 
テーマ曲 「If You Want Me To Stay」Sly&The Family Stone
 
おまけ
どうも、こんにちは。
オートマールスム(青)です。
この作品の元ネタは、エッチビデオです。
「宅配痴女」北川エリカさん。(最初のエッチシーン。)
「⚪︎⚪︎レズ団地妻」原千草さん、北川エリカさん。(二番目のエッチシーン。)
「とってもエッチで過激な痴女ナースたち」北川エリカさん、有村千佳さん、他お二人。(有村千佳さん扮するナースが自慰に耽るところ。)
北川エリカさんのイメージ…「Transmission」 Joy Division
原千草さんのイメージ…「Boom Boom」 John Lee Hooker
有村千佳さんのイメージ…「Lovelovelove」 Flea
エッチビデオが芸術か?と問われれば、そんな事はありません。
ただ、そこに出演されている女優さん達の演技には確かな価値がある、とは考えます。
トレンディドラマや今の日本映画に比べれば、エッチビデオの方が観ていてずっと楽しい。
これは、事実だと思います。
美しい裸体には文学的な価値があり、それは言わば神が創った芸術作品です。
ぼくは、「美」とは偉大な才能だと考えています。
北川エリカさんの美しい誇り高さ。
原千草さんの可愛らしい奥手さ。
有村千佳さんの綺麗な頭の回転の早さ。
そうした貞淑な内面が、透けて見えますね。
卑猥な言葉で語られているのを、とても残念に思っています。
それでは、失礼します。