Black Swan -overload- 34

医務室は、いっぱいだった。

だからゼクは、自室で治療を受けている。
とは言っても、大きな外傷があった訳ではない。
額の傷も軽く、体力を消耗していただけだ。
念のためということで、医師は安静を命じた。
ゼクは、ソニーウォークマンチャットモンチーの「こころとあたま」を聴きながらベッドに寝転んでいる。
「つまんねー…。」
ゼクは、取り立てて趣味を持っていなかった。
だから、こうなってしまうとすることがない。
唯一望むことと言えば、煙草が吸いたい。
それぐらいのものだ。
外に出ようとすれば、誰か騎士に声を掛けて着いて来てもらわなければならず、消耗している今、それは本当に面倒くさかった。
「オナニーでも、するか。」
荷物の中からポルノ雑誌を取り出していると、誰かが扉をノックする。
「はいよ、開いてるぜ。」
ゼクは雑誌を取り出して、ベッドの上に投げた。
「…こんにちは。」
ハウシンカだった。
「何の用だよ?小言は、今は勘弁してくれ。」
ハウシンカは、目を伏せている。
首からは、ゼクが買ったネックレスをしていた。
「そんなんじゃないわ…。座ってもいい?」
ゼクは、ベッドに腰掛けた。
ハウシンカはまだゼクが一度も使ったことのない、部屋に備え付けの椅子を引いてきてベッドの前で座った。
「そんなの、見てるの?嫌ね。」
ゼクは相手にせず、ベッドの上に寝転んだ。
ハウシンカはそれきり、何も言わない。
何か言いたそうではあったが、ゼクが何か言うのを待ってるのかも知れなかった。
「俺は、煙草吸いに行くぜ?我慢出来ねー…。」
ハウシンカは、吐き捨てる様に言った。
「そこで、吸えば?」
ゼクは、イライラした。
そこで本当に窓を開けて、煙草に火を点けた。
下で巡回している騎士と目が合ったが、館内禁煙はザハイムのルールだ。
そのまま行ってしまう。
ハウシンカは無理に話題を探して、話し始めた。
「あなたって、戦うのが怖くないの?」
ゼクは煙草の煙を吐き出した。
「俺にとっては、日常だ。それが、当たり前だからな。」
ハウシンカは、そんな言い方は嫌だった。
「嘘よ…。セトは、怖いって言ってたわ。」
ゼクは首を傾げて、煙草を二、三回吹かす。
「怖かねーとは言ってねーよ。怖いのが、俺には普通なんだ。そうじゃないと、抱けない…。」
ハウシンカは、首を横に振った。
「あなたは、普通の生活に憧れたりしない?いつも同じ時間に起きて、同じ時間に出発する。同じ家に帰って来て、そこには同じ家族がいるの…。」
ゼクは、即答した。
「無理だな。俺の柄じゃねーよ。」
ハウシンカは立ち上がって言う。
「じゃあ、今だけそう思って。」
そのままゼクに覆いかぶさる様に、キスをした。
ハウシンカは永く唇を重ねた後、舌を差し込む。
首をかき抱き、愛撫する様に舌を這わせた。
そして離れると、言った。
「どう?これが、キスよ。」
ハウシンカはゼクの隣、ベッドの上に座る。
ポルノ雑誌を放り投げた。
「こんなのより、本当のの女性の方がいいでしょ?」
ゼクは、吹き出してしまった。
腹を抱えて大笑いし、ベッド上にひっくり返る。
「あー、おもしれー!こんなに笑ったのは、久し振りだぜ。」
ハウシンカは憮然としている。
「あなたって、最…。」
ゼクは、唇を塞いだ。
ハウシンカは息が出来ない。
そのまま優しく、抱き締める様にベッド上に仰向けにされてしまった。
「まだ、早いとは思うけどな…。戦いの後は、抱かずにはいられねーからよ。」
ハウシンカは、か細い声で言った。
「愛してるって言って…。それだけ、お願い…。」
ゼクは、ため息を吐く。
「今さら、何言ってんだよ…。」
一瞬だけ、ちゃんとした顔をした。
「愛してるよ。気持ちは、もうずっと固まってたんだ。」
ゼクは、軽く口づけした後激しく抱いた。
戦いで人を傷付けた苦しみに立ち向かうには、そうするしかない…。
敵を斬る、その手応えは手に残って消えないのだ。
斬られた者の「怨み」は、斬った者の心に刻まれる。
その行為がどれだけ義しく正当であっても、「人殺し」には違いが無かった…。
同じ手が乳房を掴む、秘部を弄ぶ。
その「傷」にエロスから立ち昇る香気が、癒す様に染み込んでいく。
人を殺した「罪」が、人を愛する事で赦されるのか?
それは、誰にも答えられない…。
「ゴメン、ゼク。お願い…、舐めて。」
ゼクは、ハウシンカの薔薇の蕾を吸い上げながら舌で愛撫した。
秘密の小箱から、悦びが溢れ出す。
ハウシンカの赤く染まり芳しく香る引き締まった「女性」を、ずっと美しく愛おしいと信じた。
その悦びが、束の間それを忘れさせた。
忘れなければ、夜を越えられない。
「私もさせて…。いや?」
ゼクは首を横に振り、ハウシンカは上になってゼクの陰茎を口に含む。
熱が、舌を伝わってきた…。
薄くて透明な液体が、先端から溢れている。
切ない気持ちで、舌を這わせる。
やがてゼクは、ハウシンカを仰向けに寝かせて愛し始めた。
「く、苦しい…。」
ハウシンカは呻く。
「痛いか…?」
ゼクは、ハウシンカに声を掛けた…。
「ううん、いいの…。気持ちいい…。」
ハウシンカは、激しく声を挙げた。
自分の気持ちを、声にしたかった。
部屋の外には、見張りの騎士がいる。
きっと聞こえるだろう…。
それでも構わなかった。
初めて、プライドを捨てたのだ。
心に兆した、大切な「何か」を取ったのだ。
そんなこと、大したことじゃないわ…。
ハウシンカは自分が存在する実感を、ゼクの愛撫と挿入、そして繰り返される接吻から感じていた。
ゼクという異物に、自分が少しずつ溶け出していくのがわかる。
溶け出した心が、悦楽の噴水として溢れて流れるのだ。
それが再び形成される時…。
それはもう自分であっても、自分一人ではない。
彼は彼であっても、彼だけではない。
「愛してるって言って…ゼク、お願い!!」
「別に構わねーよ、何度でも言ってやるさ…。…愛してるハウシンカ、誰よりも。俺が愛してるのは、お前だけだぜ…。」
波の様に迫り上がってくる甘く貴い感情が、ハウシンカを溺れさせる。
それと同時に…、愛に充たされるコトで本当の自己に向き合う本当に怖い気持ち…。
ゼクは、ハウシンカを本当に守りたいと思った。
そして全てが変わり…、何も変わらないだろう。
恋愛、友愛、親子愛に作品への愛と他にも様々あるが…。
そう、…愛だけが真実なのだ。
愛し合っていれば…、きっと何とかなると信じて!!
現在を生きよう…。
未来はきっと、そこにあるから!
愛が、明日への足掛かりになる!!!
だからそれは、もう少しだ…。
「Born Slippy(Nuxx)」 Under World