読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寸劇 かぐや姫

またまた、以前勤めていた施設のレク用の脚本です。
 
シーン1

昔々、ある所におじいさんが一人で住んでいました。

おじいさんは毎日、山に入って竹を取っていたのです。
それで、竹取の翁と呼ばれていました。
ある日おじいさんが山に行くと、ピッカピカにに光る竹があったのです。
おじいさん「何だろう、この輝きは…?どれ、切ってみるとしよう。」
かぐや姫「オギャー!アタシ、かぐや姫です。おじいさん、アタシを娘にして下さいな!」
おじいさん「おうおう、何て可愛らしい女の子だろう。よしいいよ…。ワシも、独り者だから。」
かぐや姫「ありがとう、おじいさん!アタシ、いい子にしますから!」
おじいさん「うんうん、じゃあこのカゴに乗りなさい…。」
かぐや姫「失礼します!だからよっこらしょ…。」
こうして、かぐや姫はおじいさんと一緒に暮らしました。
 
シーン2
かぐや姫はスクスクと成長して、とても美しい娘になりました。
だからかぐや姫と結婚しようと、沢山の貴族達が押し寄せて来たのです。
貴族1「私は、とてもイケメンです…。かぐや姫さん、私と結婚しましょうよ。」
かぐや姫「あなたは、アタシのタイプじゃありません!お断りします!」
貴族2「私は、とってもお金持ちでして…。かぐや姫さん、私と結婚しませんか?」
かぐや姫「アタシ、お金なんてキョーミありません!お断りします!」
貴族3「私は、とても偉いのじゃ…。かぐや姫、私と結婚しなさい。」
かぐや姫「アタシ、あなたみたいにエラそーな人はキライです!お断りします!」
かぐや姫は、どんな人がやって来ても断ってしまうのです。
おじいさんは、かぐや姫の将来を心配しましたがどうにもなりませんでした。
 
シーン3
かぐや姫が大人になったある十五夜の日に、かぐや姫はおじいさんに言いました。
「おじいさん、今まで育ててくれてありがとう!アタシ、ホントは月の都の姫なんです!だから、今夜月に帰ります!」
「おお、そうか…。誰かいい人がおるのだな。元気に暮らしなさい…。」
しかし貴族達は、大変に怒りました。
そして迎えに来た月の王子様に、武器を用意して立ちはだかったのです。
王子様「かぐや姫、迎えに来たよ…。」
貴族1「かぐや姫は、渡さない!」
貴族2「かぐや姫は、私の物だ!」
貴族3「かぐや姫に相応しいのは、私じゃ!」
王子様「かぐや姫の為だったら、ぼくは勇気を出して戦うぞ!えいっやあっ!」
貴族達「うわっ、やられたあ〜!」
かぐや姫「さようなら…、だから…おじいさん!」
おじいさん「達者でな、かぐや姫…。」
王子様「おじいさん、かぐや姫を大事にしてくれてありがとう!」
こうして、かぐや姫は月に帰って行きました。
 
シーン4
かぐや姫は月で幸せに暮らしていましたが、心配な事がありました。
かぐや姫「王子様!アタシがいないから、おじいさんは一人ぼっち…。…だから、かわいそうじゃありませんか!?」
王子様「ぼくも、そう思っていたんだ。よし!二人でおじいさんを迎えに行こう!」
かぐや姫と王子様は、おじいさんを迎えに行きました。
かぐや姫「おじいさん!これは、命の薬です。これを飲めば、アタシ達と月で暮らせます…。三人で、月で暮らしましょうよ!」
おじいさん「そうだのう…。ワシも独り者だし、何の未練もない。よし、命の薬を飲むとしよう!」
王子様「おじいさん!月の都は、おじいさんを歓迎しますよ!」
こうして三人は月の都に帰り、末長く幸せに暮らしたという事です…。
 
テーマ曲…「宵闇に月想」 TEPPAN