現代の社会問題ドラッグとイジメについて

まぁもうそろそろ…、ブログもいー加減一段落させて持ち込み作に取り掛かりたいんだケド。

…「パルチヴァール」を読み終えて、そこからあるべきヒーロー像を組み立てるまでまだまだ時間が掛かりそうなので。

こんなコト、…書いてます。

これから書くコトは、必ずしも全員に適応は出来ないと想うし…。

い〜加減でだらしないからドラッグやってるとか…、おたくでどーしょうもないからイジメられてるヤツもいるって。

…わかってて、書いてます。

それでも中には、…やっぱり志とか誠とかがあるのに苦しんでる人もいるだろうから。

ぼくなりに、そんな人達を応援したいと考えて…。

ドラッグってのは、…退屈でツまらないから打つの。

…何がそんなにツまらないのか、自分の人生がか?

そんなハズない…、元気ってのはある程度まで自然と湧いて来るから。

好奇心とか興味関心は、勝手に唸ってるワケです…。

じゃあ何が退屈なのか、…それはモチロン社会です。

…社会の何が面白くないかって、働くコトなのか?

確かに社会に面白くないコトは…、いっぱいある。

例えばぼくなんか、何の精神性も感じられないのにやたら貴族みたいにチヤホヤされててお金もウンと稼いでる米探偵コナン・ザ・グレートを描いてるマンガ家とか…。

でもホントに心底どーでもい〜のは、…社会はイジメを肯定してるってコト。

…とゆ〜より、現代の社会は個人をイジメてるワケ。

集団で…、目立つ個人を狙うから。

それが、退屈でツまらない…。

そーすると刺激が欲しくなって…、ドラッグに走るのさ。

…つまり社会が楽しければ、ドラッグなんて禁止しなくても。

打ってると死ぬし、…自然と誰もやらないよ。

だからドラッグってのは、道徳的に悪いコトですよとか死にますよって語りかけても無駄なのね…。

そんなのは…、打ってる本人達が百も承知だから。

…本気でドラッグをやめさせたいなら、笑えて面白い「何か」を提供しなくちゃいけない。

それがぼくにとっては一つ、…このオートマールスム・ブログなの。

もう一つの問題は、イジメ…。

何故イジメってのは…、退屈でツまらないか?

…イジメってのは必ず才能のあるお客さんを盛り上げられる可能性のある人、を無知蒙昧な大衆がやっかんで引き摺り下ろす為にやるから。

先に書いときたいケド、…イジメってのは殴る蹴るとか暴言を吐くだけじゃない。

…心の中で呟く悪口とか、影でヒソヒソ陰湿に嘲笑ったりしてるのもそ〜だから。

そーいうの全部伝わってるの…、この世界は神さまが治めてるから。

才能のある人ってのはみんなを楽しませる可能性を持ってる、いわば勇者なの…。

イジメてるヤツらってのは、…カンタンに言えば世界をダメにしようとして徘徊してる魔物達。

…でも「ドラゴン・クエスト」とかで遊べばわかるように、勇者って初めは大したコトない。

まだまだ全然カッコよくない…、ただ可能性を秘めてるだけで。

ヤツらは蛇の狡賢さを利用してるから、すぐ気がつくワケ…。

可能性が開花しちゃうと、…勇者は光り輝いて近づくコトすら出来なくなっちゃうから。

…今の内に潰そうぜって、悪企みするのさ。

だから可能性が花開くまでは…、こらえなきゃいけない。

それはハッキリ言って、憂鬱な毎日…。

だから、…自分が楽しい好きなコトを見つけましょう。

…とにかくイジメてるヤツらってのは、君の惨めな不幸な顔がみたいんだ。

嘆いてたらダメ…、がんばって面白可笑しい毎日を過ごすのが戦い。

そして憂鬱をこらえながら、ひたすらチャンスが来るのを待つ…。

チャンスって何、…って想うでしょ?

…イジメてるヤツらを、ヘコますチャンスって。

違うの…、イジメてるヤツらなんてど〜でもいー。

君は人生を楽しむコトで、ヤツらを退治するんだ…。

その為には、…お客さんを盛り上げて楽しんでもらうコト。

…それはブログでもツイッターでも、音楽でも物語でも絵画でもスポーツでもファッションでも何でもいー。

とにかくそれに触れた人が…、笑えて面白がってくれれば。

その方法は、必ず君だけのやり方がある…。

それは、…誰も教えてくれない。

…でも、ヒントはある。

君の憧れの人を…、見つけるんだ。

その人みたいになりたいって、心の底から願ってリスペクトすれば…。

時が来れば、…君だけのやり方ってきっと見つかる。

…その時君はスターなんだ、君を愛してる愛されたい人にとっての。

イジメてる連中なんて…、相手にしなくてい〜。

直接立ち向かわなくて、いーんだ…。

社会はイジメを肯定してるから、…直接やり合っても君が悪者になる。

…それより違いと味わいのわかる、お客さんを集めるコトだね。

その為には…、君が「何か」を誠実に表現するコトさ!!

そんなワケでイジメってのは、社会を健全に盛り上げられる貴重な才能を潰しにかかるから…。

イジメが、…退屈とツまらなさを助長してるのね。

…つまり、ぼくが何を言いたいのかってゆ〜と。

イジメがはびこると…、ドラッグが蔓延するんだよ。

この二つは、確実に相関関係にある…。

解決する為には、…道徳ではなくエンターティメントが必要だ。

…だから、君にも人生を楽しんで欲しい。

それが世界全体を見渡せば…、みんなの為にもなるから!

一言で語れば、心にトラウマが残るからドラッグを打ちたくなるんだよちゃ〜んとした人は…。

残っちまった傷が癒されず、…いつまでも疼くから。

…その痛みや苦しみを、快楽で紛らわそうとして。

トンデモなく激しくて命を落とす…、ヘロインなんて必要になるんだ!!!

 

「Like it」 Charisma.com
https://youtu.be/60iI2bE8gH4

 

現代に於いて、唯一なる神の御前での大きな罪は二つある…。

一つは悪口、…もう一つはおべっか(嘘)だ。

…他の人が犯している罪が赦せないと悪口が口を衝いて出るし、自らの心の悪を認め自粛出来ないと思い上がりがおべっかに変わる。

R.シュタイナーは自己顕示欲(ぼくに全くないモノ、ぼくが神さまに望んでるコトは愛するヘロディアの娘・ルナーゼへのミンネだけだから)から…、悪口を正論におべっかを評価にカムフラージュしたんだ。

その結果、何が起きたかとゆ〜と…。

人々は、…罪悪を実感しなくなった。

…罪を犯した時に感じる、あのイヤ〜な気持ちがわからなくなってしまった。

罪悪感の反対の言葉が無いのは不思議だケド…、同時に善いコトをした時のシアワセな感じも失われる。

だからど〜したって、社会全体のモラルが底を突いた…。

つまりねキリスト教世界に於ける最大の罪「聖神冒涜」とは、…このカムフラージュなんだ。

…彼は傲慢だから「生意気だ」とパルツィバル(主イエスの生まれ変わり)に悪口を吐き、カトリックで崇拝されてる偽聖母マリアにおべっかを使い切ったのさ。

それでまず主まーくんがコンセプトを提案してぼくが完成させたこのオートマールスム・ブログは…、いーコトをしたらシアワセに悪さをちょっとしちゃったらヤな感じを実現したニッチなモラルの向上をテーマに据えてるんだよね。

R.シュタイナーはおたくの始祖だったから、オカルト魔術にハマっていた…。

オカルトって何なのかとゆ〜と、…つまり例えばぼくがこのブログで掛けてるThe Hellacoptersなんてのはいー音楽を演ってるにも関わらず全然社会的に評価されてないワケです。

…そ〜するとその価値が人々の意識に上らないから隠されてしまう(オカルト)、それを漠然と「何かこの世界には隠された神秘が存在する」なんてもっともらしく噂するのね。

だからぼくはこれまで隠されてた価値ってのを全て明らかにしてオカルトをやっつけちゃったの…、ぼくは男なのに100%おたくじゃないから辱められてもヨガらない。

きっとR.シュタイナーは、ど〜しょうもなく不安だったんだと思う…。

それで気分を紛らわそうとして、…自己顕示欲に取り憑かれてしまった。

…不安に駆られているように見えるは、カッコ悪いってのもあると想う。

彼は敗れた…、不安と神への信仰は一つになりっこないんだから。

ちょっと、おまけね…。

神さまってのは、…エッチしたくならない。

…肉体があるからエッチしてるケド、それはあくまで人間のリクエストに応じてなの。

モチロン充実はしてる…、でも人間みたいに自分がしたいワケじゃないからそんなに楽しくない。

神さまって、「人間はいいな。エッチ楽しくてシアワセだな。」って想ってるんだ…。

動物とか虫も交尾するケド、…あれは子作りの為だし。

…エッチが楽しいのは、人間だけ。

だからみんなエッチを楽しんで…、愛してる愛されたい人を悦ばせて!!

それが、人間の幸福だよ…!

ヤツらは全然カッコ良くないし可愛くもないからエッチが楽しくない、…それでイジメで鬱憤を晴らしてるのさ。

…でイジメればイジメるホドカッコ悪く気持ち悪くなってくから、さらにエッチが楽しくなくなる。

それでさらに…、って悪循環だよ。

それが地獄…。

ぼく達は、…神さまの力なんて借りてない。

…自分達で、敵を撃破出来るんだ!!!

ホントはもう一つ…、自傷癖の問題を何とかしたかった。

…主まーくんはある時期、自分の左腕に根性焼きの痕を作りまくってたの。

現在の世界を救うには、…自分の優しさが足りないと考えて。

優しさってのは、自分の体で味わった痛みに比例するから…。

「人は悲しみが多い程、人には優しく出来る」って…、ふざけた歌詞があるケド。

…悲しみが増すに連れ、豊かになるのは想像力。

ぼくそーいう自分に甘ったるい妄想を撒き散らして、…社会からチヤホヤされてる男大ッ嫌い!!

だから働くのも、悪くない…。

一生懸命働けば…、人には優しく出来ますよ。

…ぼくが何を言いたいかってゆ〜と、自傷癖を気が狂ってて怖いコトだと思い込んでる人がいるケド。

そんなコトない、…身近な人への優しさが足りないと想ってる自分に厳しい人なんだ。

それだけ、みんなに知ってもらいたかった…。

それもこれも…、やっぱり退屈でツまらないのが原因。

…周りの人の気持ちに対して、自分の感覚が鈍くなりそうなのを刺激してるんだよ。

ぼくが生まれてからずっと戦っていたのは、…商業主義と人種差別なのかなって気がする。

 

Takahashi Tektronix

https://www.youtube.com/playlist?list=PLWCErtfD9n76WgiERam2n9WjImjon8sXs

 

一つには、商業主義と戦った…。

ぼくのブログは…、読んで聴いてもらえばわかる通り。

…わかりやすさと自己アピールを、徹底的に排除してる。

パッと見た時に「?」って感じになって、…少し考えて想像してもられると「!」ってニヤリと笑える。

そしてもう一つは、人種差別と戦った…。

R.シュタイナーってのは…、白人である優越感にまんまと乗せられたんだと想う。

…そして日本には大多数の白人が抱いているその優越感とその支配に立ち向かう「サムライ・スピリット」があるんじゃないかな、まぁマルムとかクレヨン安倍ちゃんとかは自分を良く見せるのがうまいくてずる賢く乱暴に社会を牛耳る白人の手下に成り下がってるケド。

アメリカ軍のギルティ・プログラム(この印象を操作して自分に都合良く洗脳するってのがR.シュタイナーの始めたやり方)でよくわかんないコトになってしまってる、…でも現代日本人の普遍的で自然な感情ってのは大東亜戦争で負けた悔しさだと想うのね。

白人諸国の植民地帝国主義が、猛威を振るっていたあの時代に…。

日本人は…、有色人種の権利を主張して立ち上がった。

…だけど結局戦って、アメリカに敗れてしまった。

モチロンぼくは、…かつての旧日本軍のように戦争を仕掛けるワケじゃない。

だからぼくは、このブログでカルチャーの宣戦布告を果たす…。

当然だケドちゃ〜んとした白人とそのカルチャーだからある…、でも黒人とかイエローだってすごいんだゼってね!!!

…カルチャーってのは、いつだって黒人がオリジナイトする感じがあるよね。

それを凶暴でずる賢い白人が、…ビジネスとして世界中に売り込んで。

だから、ちょっとダサくて気のいーイエローが最後にちょこちょこっと寄って来て…。

穏やかに丸く収めて…、完成させてしまう。

…ここで語っている日本の歴史観は必ずしもぼくのオリジナルではない、当然原発も消費税も反対。

でもこれまで落ち着いて冷静に愛国心を語れる人がいなかった、…ハッキリ言ってそ〜ゆう人がダサくて可愛い娘ちゃん♪から嫌われてるケースが圧倒的(ファッションとかユーモアを女性の為に少しは気使ってる?)。

愛国心って、熱狂的な権力者への服従を意味する言葉ではない…。

例えて言えば…、「ウチの地元、ちょっと美味しいラーメン屋があるんだよ」みたいな素朴な気分なんだからさ。

…因みに、ぼくはThe Beatlessなんてゴミだと想ってるから!

「何、ジョン・イレノンって?」感じ、…ヒマジンだっけイチバン有名な曲オノ・コーヨとかも意味わかんねーし。

シェイクズピアと糸井重♀もクズだと考えてるケドね…。

一般の方々の生活への影響力を考慮すると…、その三人はは人類史上ヒトラーに並ぶぐらい罪が重い。

…だってお客さんの反応は一緒だモン、欲望を刺激してあまりにも異常な熱狂を催す。

ヤツらは、…カルチャーのファシストだ!!

多くのとは言わないたった一人でもいー、異性から憧れられなければ詩人とは呼べないのだから…!!!

正教会では…、自殺とゆ〜罪は神の御前で赦されないって教えてるの。

…ぼくは自殺は確かに周りの人達を悲しませるから、罪だろうとは想う。

でも例えばイアン・カーティスカート・コバーンなんかの場合、…申し訳なかったから自殺しちゃったんじゃないかと想像してるワケ。

彼らは、いわゆるカリスマだった…。

お客さんにとって…、途方もなくカッコよかった。

…それでも現実の彼らには、ダメさや情けなさがあってそれが消化出来なかったんだろうなぁなんて。

お客さんの期待に応えたかったんじゃない、…でも無理だった。

逆にぼくが、これは赦されない罪だろうって考えるのは暗殺されるコト…。

暗殺されるからにはそれ相応の…、みんなからの嫌いや憎しみが収束して来ないとそんなタイミングは訪れない。

…だからぼくは、暗殺される人はロクデナシだろうと推測する。

今気分が落ち着いてるので、…改めて書いておくケド。

ぼくは様々な事柄について、このブログで好き放題気ままに書いて来た…。

勘違いして欲しくないのは…、ぼくは一度もぼくの書いた内容を信じて欲しいとは主張してない。

…主まーくんは別、主まーくんの語るコトは信じてついて行かないといけない。

ぼくの場合は、…あくまでぼく個人の絶対。

ぼくの絶対は、あなたにとって客観の一つに過ぎない…。

ぼくとしてはこのブログを…、リラックスして楽しんで欲しい。

…仕事の合間の休憩で、コーヒーを飲みながら煙草で一服するように。

ぼくの仕事は、…お客さんの鬱憤を晴らすコト。

あんまり深く考えないで、気持ちよければそれでいーんだよ…。

不安ってのは…、「誰かがこの気持ちをわかってくれるんだろうか?」って。

…不安だと、女性は淫らになってしまう。

女性が淫らだと、…ど〜しても男は腰が引けて萎えちゃうんだよね。

だから、UPLのビデオ・ゲーム「Atomic Robo-Kid」のストーリーで語られるDNA正常化のプログラムってのが、これなんだ…。

トミタ博士ってのが主まーくんでAtomic Robo-Kidがぼくだよ…、やっただぁウキャキャ!!!

 

テーマ曲…「Bet up」 桑原あい

https://youtu.be/tgyCpJ9FxCU

 

「お金に困ってる友達に貸しつけるぐらいなら、…本心から奢ってあげようゼ!!!」

 

「Der Freischutz〜Overture〜」 C.M.F.E.v.Weber/E.Kleiber

https://youtu.be/0BTM9NFKbV8