西遊記〜一人と三匹の愉快な旅〜 その27

…「我が七星宝剣の一撃を受けるとは、なかなかの得物を持ってゆるな」

七星宝剣を、…上段に構える金角大王

「ふん、大きなお世話だよ…。お前こそ…、如意棒の由来を知らねぇのか?」

…対する孫悟空は、両手で如意棒を斜めに構えます。

両者、…にらみ合ったまま30分が過ぎました。

「ど〜して、兄貴仕かけないんだろ〜…?」

あまりの緊張感に…、ごくりとつばを飲み込む猪八戒

…「金角大王に、隙がないんだよ。もっとも、…それは金角大王にとっても同じだろ〜ケド」

沙悟浄は、にらみ合う二人から目が離せません…。

「ど〜した…、かかって来い孫悟空。…さては、怖じ気づいたか?」

孫悟空を挑発する、…金角大王

「うるせ〜な、考えてるコトはお前と同じだよ…」

孫悟空は…、口以外ピクリとも動かしません。

…そのまま、1時間が過ぎます。

「オイラ、…も〜疲れちまったよ」

精神的に疲労し、座り込む猪八戒…。

「ダメだよ兄さん…、孫兄さんの戦いはみんなの為なんだから。…キチンと、立って応援しないと」

視線は、…にらみ合う二人に注いだまま。猪八戒を、とがめる沙悟浄…。

「そりゃわかってるけれど…、オイラが立ってても座ってても勝敗は変わらんゼ?」

猪八戒も口では抵抗しますが、すぐに立ちあがりました。

「我が七星宝剣の鋭さなら、…お前の体など両断してくれよ〜」

今度は、孫悟空を動揺させにかかる金角大王…。

「ところが…、おれさまの如意棒も。…本気で打てば、お前なんか粉々だよ」

孫悟空には、…おどしは通用しません。

それから、さらに1時間が経過します…。じょじょに…、金角大王から脂汗が滴り落ちて来ました。

…「あっ、こりゃあ決まったな」

一つあくびをする、…猪八戒

「兄さんもそ〜想うかい、孫兄さんはきっと勝つだろ〜ねぇ…」

沙悟浄も…、ホッと息を吐きました。

…間もなく、金角大王は。稲妻のよ〜に踏み込み。七星宝剣を振りあげます、…しかしそこに。ちょ〜どあつらえたよ〜に、ピタリと孫悟空の如意棒が…。金角大王の…、脳天を捉えたのでした。…兜を破られ、そのままその場に倒れる金角大王

それから、…半日程経って。金角大王が意識を取り戻すと、天の義勇兵に介抱されてゆます…。

孫悟空は…、わしにとどめを刺さなかったのか?」

…介抱してゆる、天の義勇兵は答えました。

「"おれさまは妖怪退治してるワケじゃない"、…そ〜仰ってました。三蔵法師さま達と、既に旅立たれましたから…。どちらにせよ…、あなたの身柄は私達が拘束します。…罪状は、述べるまでもありませんよね?」

天の義勇兵達は、…金角大王を担架に乗せて。外へ、運び出したのです…。

 

 

西遊記〜一人と三匹の愉快な旅〜 その26

「おかしいな、…全然妖怪達がいねぇぞ」

…蓮華洞の中を進む、孫悟空達。その先頭を進む、孫悟空が口にします。

「敵わないと思って…、逃げたんじゃないの?」

孫悟空に続く、猪八戒は深く考えず答えました…。

「バカなコトゆってんな、…気配はあるんだどこかに潜んでる」

孫悟空は、決して警戒を緩めません。

「もしかしたら…、奥に引き込も〜ってワナなのかも。それにしても、誰もゆないのはヘンだね…」

孫悟空の懸念に、…相づちを打つ沙悟浄

孫悟空達は、遂に金角大王の控える大広間までやって来ます。そこには金角大王に…、残された配下。50体の妖怪が、勢ぞろいしていました…。

「お前ら、…まさかここで総力戦をやろ〜ってんじゃないだろ〜な?…それならゆいゼ、引き受けてやる!!」

孫悟空は…、たんかを切りますが。その場にゆる妖怪達は、誰も手を出して来る様子はありません…。

「わしは、…既に三蔵法師を取って喰おうとは考えておらん」

玉座から立ちあがる、金角大王

「わしの配下には…、300体の兵がいた。それが、今となっては50体しかいない…」

金角大王は、…自らのおひげをなでます。

…「そんなんゆって、オイラ達を油断させよ〜ってはらだな。も〜オイラ達のが優勢なんだ…、かかって来ないならこっちからゆくぞ!」

九歯のまぐわを、突き出す猪八戒…。

「あれだけいた将軍も、…みな捕まってしまった。…今のわしには、作戦を話し合う仲間すらゆない」

…配下の妖怪50体を、見渡す金角大王

「もし何なら…、ぼくの水とんの術で。あなた達をみんな、水に流してしまうよ…。そのぐらい、…何のワケも無いんだから!!」

沙悟浄は、地面を降妖杖で地面を突きました。

「じょうろが…、三蔵法師とお前達のウチ二匹を。捕まえた時、わしは勝利を確信した…。これで、…我が一族は永遠に栄えると」

金角大王配下の妖怪が、きらびやかに装飾された。鞘に収められた、七星宝剣を運んで来ます。

「そりゃ悪かったな…、おれさまが全部ひっくり返しちまって。だがなおれさま達には、はるばる西天まで…。ありがたいお経を受け取りにゆく、…使命があるんだ!」

…如意棒を構える、孫悟空

「だからこそ…、わしは孫悟空!!お前だけは生かしておかん、わしと一騎討ちで勝負せよ…」

金角大王は、…振り返って大喝しました。

…「な〜んだ、そんなコトか。ゆいゼ…、受けて立ってやるよ。だったら長ったらしい前置きはさっさと止めて、すぐ取りかかるぞ…!!」

頭をポリポリかく、…孫悟空

…「まぁ待て、だがこちらの条件を聞くがゆい。わしが勝ったら…、おまえらは撤退し弟の銀角を返してもらう」

孫悟空は、如意棒を構えて前に進み出ます…。

「構わねぇんじゃねぇか、…そのぐらい。…おれさま達は、別に妖怪退治して回ってるワケじゃねぇし」

にらみ合う…、孫悟空金角大王

「その代わりではないが、わしが勝っても…。三蔵法師と残ったお供の二匹は、…この平頂山を無事通してやる。…死ぬのは、お前だけだ孫悟空

孫悟空は…、如意棒で地面をドンッと突きました。

「ごちゃごちゃうるせ〜よこのたこ、こっちはも〜その気になってんだ…!」

七星宝剣を鞘から引き抜くと、…素早く斬りつける金角大王。…それを受け止める、孫悟空の如意棒に火花が散ったのです。

 

西遊記〜一人と三匹の愉快な旅〜 その25

「よぅ思ったより時間がかかったな…、待ちくたびれたゼ」

猪八戒沙悟浄が蓮華洞まで辿り着くと、孫悟空が待ってゆました…。二匹に、…事情を説明する孫悟空

…「ってワケなんだ、それでお前達天の義勇兵はどのくらい残してる?」

すぐに…、点呼を取る沙悟浄

「怪我をしたのが6人だね、兄さんはど〜だい…?」

孫悟空は、…頭の毛を元に戻しました。

…「おれさまのトコは3人怪我した、八戒お前は?」

ニヤニヤ答える…、猪八戒

「オイラのは、みんな元気さ…。それより兄貴、…聞いておくれよ。…オイラ達は背後から奇襲を受けた、それをオイラが大活躍して」

猪八戒のほら話を…、無視する孫悟空

「わかった、よしそれじゃ…。このまま、…蓮華洞に突入するぞ。…中は狭い、八戒、悟浄おれさま達が先頭に立つんだ。天の義勇兵達は…、当てにするな」

三匹の三蔵法師のお供と約40人の天の義勇兵は、蓮華洞の入り口に立ちます…。

「この竜一体何だ、…まさか生きてるワケでもあるまいに?」

…蓮華洞の入り口は、鋼鉄の扉で閉ざされており。石で出来た竜がそれを守るよ〜に…、立ちふさがってゆます。その石で出来た竜を、九歯のまぐわで引っかこうとする猪八戒…。すると、…石で出来た竜は口を開きました。

…「我こそは、天の契約により蓮華洞の入り口を。守る者なり…、ここを通る者は。我の出す、謎に答えねばならぬ…」

孫悟空は、…カッとなって思わず如意棒を振りあげます。…それを、慌てて止める猪八戒

「兄貴…、まぁ待ちなよ。余計な戦いを増やして、天の義勇兵に犠牲が出たらど〜するんだい…?」

もがいて猪八戒を振り切ろうとする、…孫悟空

…「ゆいか、おれさまはな。こ〜ゆうもったいつけた話が、何より大っ嫌いなんだ。たかが竜じゃねぇか…、見てろよ?このおれさまと、どっちが強いと想ってる…!!」

しかし沙悟浄は生真面目な性格ですから、…石で出来た竜に尋ねました。

…「では石で出来た竜さん、あなたの出す謎とは何です?」

孫悟空の態度に少しびっくりした…、石で出来た竜でしたが気を取り直して答えます。

「うむ、では汝に問お〜…。世界の中心にゆる虫とは、…何か?」

…ざわめく、天の義勇兵達。

「世界の中心におわすのは…、やはり玉帝陛下ではないだろ〜か?」

「いやもしかしたら、この石で出来た竜はみ仏を指してゆってるのかもわからん…」

猪八戒は、…天の義勇兵達を笑いました。

…「あんた達、この石で出来た竜は。虫だと尋ねてるんだよ…、そりゃあさそりに決まってる。何てったって、イチバン強いからな…」

その時稲妻のよ〜に閃いて、…沙悟浄の脳裏に答えが浮かびます。

…「わかった、答えは蚊でしょう!」

石で出来た竜は空高く舞いあがり…、蓮華洞の入り口は開かれました。

「すごいじゃないか弟分、でもど〜して世界の中心に蚊がゆるんだい…?」

猪八戒には、…答えを聞いてもちんぷんかんぷんです。

…「いや、そんなに難しい話じゃないんだよ。世界とゆ〜字を…、ひらがなで思い浮かべてご覧?せかい、の真ん中に、か、がゆるじゃないか…」

答えを聞いて、…カンカンに怒る孫悟空

…「やっぱり、如意棒でブッ叩いて。へこましておくんだった…、そんなへ理屈が何だってゆ〜んだ!!」

石で出来た竜は、無事天に帰れて正直ホッとしておりました…。

ぼくの信仰告白

…ちょっと前に書いた「キリスト教について」が、ダダすべりだったので改めて書いてみます。

旧約聖書を読んでもらえればわかる通り…、神さまは。

カインの小麦には見向きもされなかったのに、アベルの仔羊は喜ばれた…。

それは「小麦なんて下らない」とか、…「カインのコトがキライだったんだ」とかではなく。

…ぼくの想像では、カインの小麦は今イチの出来で。

アベルの仔羊は…、美味しかったんではないか?と。

この出来事を鑑みてもらえばわかる通り、神さまは何でもご存知だから…。

ゆいお仕事を、…必ずご祝福下さるハズなの。

…そしてこの、「神さまからのご祝福」ってのが多分「運」なんだよね。

人生って…、「運」がすごく大切だとぼくは想うの。

例えば交通事故に遭って、車に轢かれてしまった…。

でも仮に、…あなたがその道路を渡るタイミングが。

…10秒早くても遅くても、車にはぶつからないじゃない?

そこは誰にも計算出来ない…、だからそれを「運」と呼ぶのさ。

そして、神さまからご祝福いただければ「運」が向いて来るのね…。

でもここからが、…また難しい。

…例えば世界一の大富豪とゆえば、全く「運」がツいて回ってるなと思うでしょ?

ところがそ〜とも限らない…、お金はふんだんにあるかも知れないよ。

それなのに、もしかしたら心の中では誰も人間を信じられなくなってるかもわからないでしょ…?

逆に、…ある方ががんにかかった。

…じゃあ、彼は「運」がツいてないのか?

そ〜とも限らない…、もしかしたら自分ががんで入退院を繰り返してる間に。

妻が一念発起して、ものすごく甲斐々々しく看病してくれて…。

と〜ってもシアワセなお気持ちかもわからないから、…だから何が「幸福」なのかは本人しか知らないけれど。

…自分の善意から始まって、お客さんが満足するゆいお仕事をしてれば。

神さまは何でもご存知だから…、必ずご祝福下さって。

あなたの人生には、絶対「運」がツいて来るんだとぼくは確信する…。

それが「何か」は、…神さまとあなたにしかわからないけれど。

…あなたが「シアワセを実感出来る」、それだけは間違いない。

で神さまは…、一生懸命お仕事してれば報いて下さるんだと。

そんな考えが心から伝わって湧いて来る、それを「神さまへのご信仰」とぼくは呼ぶのさ…♪

 

西遊記〜一人と三匹の愉快な旅〜 その24

「なぁ弟分、…山道は狭いと来てるから。…どちらかが前衛を務めよ〜、じゃんけんで決めたらど〜かな?」

並んで歩く沙悟浄に…、のんきな提案をする猪八戒

「い〜よ別に、それじゃゆくよじゃ〜んけん…」

猪八戒はパーで、…沙悟浄はグーです。

…「オイラの勝ちだ、やったね。じゃ…、オイラ達はうしろで控えてっから」

天の義勇兵20を率いて、うしろへ退がる猪八戒…。

「どちらにゆたって、…何が起こるのかわからないのが戦場なのに。…まゆいや、全体整列!!」

天の義勇兵20は…、一糸乱れぬ陣を形成しました。

「先頭には、ぼくが立つよ…。あとから、…着いて来て」

沙悟浄を先頭に山道を登ってゆくと、平頂山とゆ〜だけあって。山頂の周りは…、平たく起伏がありません。そこには鹿角将軍が、配下の妖怪達50体と共に待ち構えております…。

「貴様沙悟浄だな、…我こそは鹿角将軍いざ尋常に勝負せよ!」

…鹿角将軍と配下の50体の妖怪は、一丸となって突撃して来ました。

「あのさぁ…、そんなにたくさんの妖怪を相手に。こっちは20人で、まともに戦うと思うの…?

降妖杖で、…地面をとんとんッと叩く沙悟浄

…「いくよっ、水とんの術!!」

鹿角将軍と配下の妖怪50体の足元に…、水がすごい勢いで溢れ出します。

「な、何だこの水は、えぇ〜い泳げ泳げ…!」

鹿角将軍達は、…みんな鎧兜で武装してますから。…泳ぐのも容易ではありません、少なく共20体はそのまま水に流されてしまいました。そして…、やっと泳ぎ切ったと想ったら。

「妖怪達はへとへとだよ、全体突撃…!!」

沙悟浄率いる、…天の義勇兵達はここぞとばかりに襲いかかったのです。

…「そろそろ決着もついたろ、オイラも前へ出ないと。"猪八戒は何もしてない"…、なんてゆわれちゃうからな」

天の義勇兵達の最後尾で、猪八戒がつぶやいた時…。バリバリっと、…茂みの中から「何か」が飛び出して来ました。

…「お主は猪八戒ではないか、しまったこんなトコロにまで敵が押し寄せて来ておったか!」

それは山羊髭将軍と兵5で…、すぐさま逃げよ〜としましたが猪八戒は呼び止めます。

「待て々々、お前達みたいな少ない人数を…。こんな大勢で追ったとあっちゃ、…あとでお師匠さまから長い長〜いお説教をいただいちまう。…ど〜だここは一つ、オイラと一騎討ちで決着をつけないか!!?」

そ〜申し出られては…、山羊髭将軍にも名誉がありますから。そのまま逃げるワケにはゆきません、猪八戒は九歯のまぐわ…。山羊髭将軍は槍を手にして、…向かい合いました。

…「そらそら、オイラいつも兄貴に鍛えられてっからな。お前なんかに…、負けはしないぞぅ」

10合程打ち合ったトコロで、山羊髭将軍は猪八戒の馬鹿力に体勢を崩します…。

「これがとどめだ、…火とんの術!」

猪八戒吹き出した炎の柱をまともに浴びて、山羊髭将軍はご自慢のおひげがチリチリになってしまいました。

「降参だま、まいった…、命だけは助けてくれ」

九歯のまぐわで天を衝き、味方に勝利を示す猪八戒…。

「そりゃあ、…当然だとも。…生け捕りにして、オイラがどれだけ勇敢だったか。お師匠さまにご報告してもらわんと…、ゆいかいお前さん達は。オイラ達を背後から、奇襲攻撃したコトにするんだよ…。うまくしゃべらんと、…オイラの九歯のまぐわは鋭いゼ?」

…山羊髭将軍の配下の妖怪は、それを見るとどこかへ逃げ去ってしまったのです。

 

 

 

西遊記〜一人と三匹の愉快な旅〜 その23

「みんなゆくぞ…、よし突撃だ!!」

孫悟空率いる天の義勇兵10は、蓮華洞の裏側に回り込み…。乗って来た雲から降りると、…駆け出しました。

…「そ〜はゆかん、それ者共矢を射かけよ!」

そこに木々の間に隠れてゆた…、銀角大王の配下の妖怪達が矢を放って来ます。

「しまった、待ち伏せだ…!!みんな、…俺さまのうしろに回れ」

…如意棒を振り回し、飛んで来る矢を打ち落とす孫悟空

「ふっふっふ…、我らの力今思い知らせてくれる」

正面からは、銀角大王配下の歩兵部隊が続々と迫って来ました…。

孫悟空殿、…我らこの任に志願した時より。…もはや生命はないモノ、と覚悟を決めてございます。こ〜なったからには…、1体でも多くの妖怪を打ち倒し。華々しく、討ち死にしてご覧に入れましょう…」

孫悟空は頭の毛を三本抜いて、…「変われっ」と唱えます。…すると抜いた頭の毛は、三匹の孫悟空に変わりました。そして孫悟空孫悟空の頭の毛三本…、それから天の義勇兵10は。銀角大王の歩兵部隊に、突っ込みます…。戦いが始まって、…まだ5分も経ってませんが。…銀角大王の配下の妖怪達は、既に30体は倒れてゆました。

「おいっ…、お前大丈夫か!?」

地面に片ひざを突き、剣で体を支える天の義勇兵に駆け寄る孫悟空…。

「何ともありません、…とゆいたいトコロですが。…情けない、体がこれ以上ゆ〜コトを聞きません」

(すべておれさまの所為だ)…、とゆ〜考えが頭の中をぐるぐる回る孫悟空孫悟空は頭の毛を抜くと、「変われっ」と唱え…。倒れかかってゆる、…天の義勇兵の護衛に着けます。

…「えぇ〜い、お前ら。こんな少数の敵を相手に、いつまで手間取っておるか!!?」

攻めて来た孫悟空達の人数が…、思ったより少ないのを確認すると。銀角大王自ら、前面に出て来ました…。

「わし自身が決着をつけてくれる、…芭蕉扇で全て焼き尽くしてやるわ!」

芭蕉扇を振りあげる銀角大王、その姿を見た孫悟空は勝利を確信します。

銀角大王…、おれさまと一騎討ちで勝負しろ!!」

叫ぶ孫悟空と、それをせせら笑う銀角大王…。

「おぅ、…お前は孫悟空だな。…誰がお前なんぞと、う、うわぁ〜!」

孫悟空の隠し持ってゆた…、紅ひさごに吸い込まれてしまう銀角大王。そ〜です、実は孫悟空はじょうろから紅ひさごを預かってゆたのでした…。

「お前ら、…とくと見ろ。…お前らの大将銀角大王は、とっくにこの紅ひさごの中だぞ!!」

銀角大王を閉じ込めた紅ひさごを…、天高く掲げる孫悟空

「ゲェッ、まさか銀角大王さまが…!?」

銀角大王の配下の妖怪達は、…まだ50体弱残っていましたが。…銀角大王が囚われたコトで、総崩れになります。孫悟空達は…、妖怪を散々に追い散らし撃退したのでした。

「ど〜だ、みんな無事なのか…!!?」

天の義勇兵達を一箇所に集め、…点呼をかけると。…わずか三名が負傷しただけで、死者は出なかったのです。

孫悟空殿…、あなたは敵に対しては苛烈だが。味方へは、ずい分律儀で義理堅いのですね…。あなたを大将に戦が出来て、…我らも光栄ですよ」

…「そんなんじゃね〜よ」

孫悟空は…、そっぽを向くと地面にツバを吐きました。

 

 

キリストの教えについて

ちょっと、…現在お正月やすみをいただきまして。

…更新が空いてしまってるので、少しコラムでも書こうと。

人間とゆ〜のは…、ゆいたいコトをゆったりやりたいコトをやると。

満足するので、おとなしくなると…。

逆にゆいたいコトを黙ってたら、…やりたいコトをやらずにいると。

…鬱憤や欲求不満が溜まって、性格がキツくなります。

じゃあ…、ゆいたいコトをゆったりやりたいコトをやるのは。

気分がゆいだけか?、とゆえばそんなコトありません…。

ぼくはゆいたいコトって全部ゆって来たけらど、…それが原因でぼくの元を去る人もゆる。

…やりたいコトをやるのも同じ、例えば罪を犯したくなったらど〜するのか?

そこに…、キリストの教えとゆ〜論理学があるんですね。

キリストは、「自分が罪を犯したなら他人の罪を赦せば神さまから赦していただける」と教えてます…。

そして、…キリストの教えによれば、「神さまに従う仔羊はおとなしい」と。

…つまり、キリストの教えを丁寧に辿ると。

キリストに従う仔羊ってのは…、結構やんちゃで。

ゆいたいコトゆってやりたいコトをやって、他人が自分にそ〜した時赦すと…。

そ〜ゆう世界なんですね、…だからそもそも「人間って"善"で素晴らしいんだ」って発想とは。

…真逆の方向に突っ走った教えなんではないか?、とぼくは考えてます。

人間にはうやむやが湧いて…、それを撒き散らしながら突っ走り。

でも自分だってやったんだから、他人のそれも仕方ない…。

そ〜ゆう、…人間性へ一度絶望し。

…そこから、再び希望を掴んだ方。

それが…、主イエス・キリストだったのではないかなぁ?なんて想ってるワケですよ。

人間が、「自分の本当の望みを見つける難しさ」については…。

ぼくの尊敬する作家ミヒャエル・エンデさんが、…その著作「果てしない物語」で。

…詳しく書かれてるので、そちらをご参照下さい。

「自分の心から湧いた本当に犯したい罪でないと他人には赦せないのだから」

結論としては…、自分がど〜してもゆいたいコトをゆいやりたいコトをやる。

そして、それを他人に赦すその二つが同時に出来ると…。

イエス・キリストの教えは、…遂行されるのではないかとぼくは想います♪