再臨物語again〜春馬町より愛を込めて〜 その55

…「介護のお仕事調子はど〜ですか、良太くん?」

今日はお仕事おやすみなので、…良太は勝美とおやすみ合わせてデートである。

「おれさ、昨日初めておムツ交換入ったんだ…」

勝美と春日部駅で待ち合わせし…、東武伊勢崎線のホームで電車を待ってゆた。…本日のデートはお茶の水にある、Disk UnionのJazz専門館でレコードを漁るつもりなのだ。

「キレイな話じゃなくて申し訳ないんだケド、…尿をとるパッドにおしっこが出ちゃってたんだ」

介護のお仕事について語れば、ど〜しても尿や便がつきまとう…。それは仕方ないのだが…、勝美にすまないと想う良太である。

…「そんなの気にしないで下さい、私だって保育士志望です。赤ちゃんのおムツ、…開けたりしますから」

そんなお話が勝美に通じるのが、良太にとっては何よりだ…。

「尿をとるパッドに…、おしっこ出てるの見た時。…"人間ってお水飲むとおしっこ出るんだ"って気がついたよ、当たり前なんだけれども」

ホームに電車が到着し、…良太と勝美は乗り込む。平日の東武伊勢崎線上りは、そこそこに混んでゆて座れなかった…。二人は並んで…、吊り革をつかむ。

…「いつも自分でしてるのに、そんなの全然意識したコトなかったんだ。あのさ、…人間はお水飲まないと死んじゃうジャン?」

勝美はうんうんうなずいた、良太は自分の話が面白いとゆ〜自信がない…。

「その飲んだお水が…、体の中で摂取されて。…こんな風に排出される、いやそりゃキレイなモンじゃない。でも、…人間の体はそ〜ゆう構造になってるんだよね」

自分の伝えたいイメージを、頭で必死にまとめる良太…。それを黙って…、勝美は耳を傾けた。

…「うまくゆえないけれど、T.V.をつけるとニュースやってるじゃない?事故があったとか政治がど〜の、…みたいな。でもそれはヴァーチャルな情報でさ、人間は先ず"お水飲んだらおしっこ出る"んだよ…」

ピンと勝美には来る…、それは良太にもわかった。

…「それがわかった時に、"人間は自然の中で生きてて。そのサイクルで循環してる"のが、…おれにとってハッキリしたのね。それが、事実なんだって…」

良太は…、自分の話にまとまりがないと自覚している。…しかし保育士を目指す勝美には、他人事ではない現実として受け取られた。それからも二人は、…取りとめもなくおしゃべりを続ける。その中には、こんな話題もあった…。

「私今度大学卒業したら…、一人暮らし始めるんです」

…また一歩自分の先を進む勝美に、驚く良太。

「えっ勤める保育園が、…ご実家から遠いの?」

困ったよ〜に、勝美は笑った…。

「何ゆってるんですか良太くん…、まだ何も決まってないですから。…ただ私のお父さんが、"大学出たら一人暮らしなさい"って。"お金は少しぐらいなら出してあげるから"、…ってゆってたんです」

良太は、「鈴代家厳しいなぁ」とまたしてもびっくりである…。

「だって勝美さん…、ご実家の家事手伝ってるんでしょ。…それは、ど〜するの?」

おずおず尋ねる、…良太。

「そんな、だってウチのお母さんはまだまだ元気ですモノ…。私の手伝いなんて…、なくてもど〜にでもなっちゃいますよ」

…う〜んとモヤモヤする良太、良太自身も一人暮らしに憧れはあったが。300枚を超えよ〜とする、…レコード・コレクションをど〜したモノかわからなかった。

休暇中に思い浮かんだぼくの将来の夢

みなさんのご厚意に甘えて、久し振りのまとまった休暇を満喫させていただいております…。

順調に気力も回復しつつあるんですが…、今少しやすませてもらい万全を期して「再臨物語again〜春馬町より愛を込めて〜」を。

…再開しよ〜と存じてゆます、この休暇中にぼくはプライヴェートのライフ・スタイルも多少見直してゆたのですが。

ハッと将来の夢が降って湧いたので、…この場を借りて語らせてもらえたらと想いペンを取りました。

このブログ上でぼくは過去何度か、「作家としてプロになるのが夢」と語って来ました…。

しかし…、現在のぼくにはアートを商売にする気はも〜ありません。

…それは「プロにはなれそ〜もないから諦める」、とゆったネガティヴな動機ではなくて。

自分の創作スタイルを貫いた時、…現在の出版業界に自分の居場所があるとは。

とても想えないからなんですね、例えばぼくは…。

現在ご存命の作家さんのご本を読んだコトがないし…、ハッキリゆって開きたくない。

…まんがも読まないしT.V.ゲームもやらない、ごく一部の方の音楽だけなんですよぼくが興味あるのは。

申し訳ないんですが、…現在の業界やシーンに。

ぼくはアートを演る良心とか、お客さんへの奉仕の精神は見出せません…。

なので…、今みたいにブログを続けよ〜と考えてるんです。

…ぼくは作品を制作出来てお客さんに喜んでいただければ、何の不満も要求もありませんからそれでゆいんです。

ただ、…そ〜なると「何のお仕事をして収入を得るか?」考えないといけません。

ぼくは現在生活保護を受給してるんですが、この状態をいつまでも続けるワケにはゆきません…。

ここ長くなるので細かいトコは飛ばしますが…、今のぼくはも〜既に気力体力を使い果たし。

…燃え尽きてしまったので、一般の方みたいにマトモに就業するのは不可能なんですね。

それで、…ど〜したモノか?と悩んでたのですが。

実はぼく、コーヒー淹れるの得意なんですよ…。

元々自分がコーヒー好きで…、お店で尋ねたりネットで調べたりして。

…器具やお豆を色々研究したり、毎日練習を重ねるウチ。

…お客さんに出して喜んでもらえる、ぐらいの腕にはなってたんです。

そして今回、…「Garage-bop on DJ春雨うどん show」も遂に完成と。

「Garage-bop on DJ春雨うどん show」も、そんなカンタンにご購入していただけるハズありませんから…。

そしたら…、「これ自分で喫茶店やってそこでかけたらゆいんじゃない?」って。

…資金も経験も、何の展望も無いんですが。

この「安くて美味しいコーヒーを淹れる技術」と、…完成したプレイ・リスト「Garage-bop on DJ春雨うどん show」を活かす為には。

自分で喫茶店をやりたいな、とこのみなさんからいただいた休暇の最中に…。

ぼんやりと思い浮かんだ次第であります…、人生は「初めに夢ありき」ですだから♪

「再臨物語again〜春馬町より愛を込めて〜」を今後続けるにあたってのお詫び

タイヘン申し訳ございません、「再臨物語again〜春馬町より愛を込めて〜」の制作なのですが…。

ぼくの当初の構想では…、主人公の良太くんが福祉の学校に通って。

介護施設幸楽苑」に勤めて一人前になるまでを、10話ぐらいでさらっと流すハズだったんですね。

ところが書いてみると、…「こ〜ゆうエピソードもあ〜ゆうエピソードも」と。

ぼくの想像がふくらんでしまい、倍以上のヴォリュームになりそ〜なんです…。

でそ〜すると…、「再臨物語again〜春馬町より愛を込めて〜」全体の構造が。

…ちょっと変わってしまう感じなんですよ、なので心苦しいのですが。

ここで一週間とちょいぐらいおやすみをいただいて、…改めて全体の構想を練り直させて下さい。

多分良太くんが介護士を目指すまでが前半、そこから福祉の学校に入って後半スタート…。

みたいなまとまりになるかと…、ぼくが想定してゆたよりお話全体が長く大きくなってしまったのもあり。

…その中おやすみが欲しいのもあります、なので申し訳ありませんがしばらくおやすみ致します。

お愉しみいただいてる読者さんがいらっしゃいましたら、…またよろしくお願いしまっす!!!

再臨物語again〜春馬町より愛を込めて〜 その54

良太は「幸楽苑」に勤めて、初めてわかったコトだが…。「幸楽苑」には…、それ程重度の要介護入居者さんはいなかった。…お一人だけ、ほぼ寝た切りのおばあさんがいあらっしゃって。あとは全10床中8床が埋まってゆるが、…三人の入居者さんは自立されてほとんど何もする必要がなく。残り四人の方も、認知症があったり車イスではあるモノの…。一から十までまるまるお世話…、とゆ〜ワケではない。

…「今日は川村さんの、食事介助に入ろ〜じゃないか良太くん?ぼくが左で、…良太くん右ね」

手に川村さんのお昼ごはんのトレーを手にした、近藤副主任が良太を呼んだ…。

「川村さん…、体の動きに不自由はないんだけれども。…目があんまりよく見えないんだ、そこをサポートしていくよ」

食事の介助もほとんどの方は必要なく、…見守りだけだった。お昼ごはんトレーを川村さんの前に下ろし、その左側に近藤副主任は座る…。

「こんにちは川村さん…、元気?」

…「こんにちは、元気ですよ」

川村さんは、…90歳を回った小柄なおばあさんだ。あいさつのタイミングを逃してしまい、そのまま右に座る良太…。

「川村さんど〜…、最初はごはんそれともお味噌汁?」

…さすがに、近藤副主任のお声かけは慣れたモノである。

「やっぱり先ずは、…お味噌汁を一口もらお〜かな」

良太は、川村さんの右手に介護用スプーン左手に汁椀を握ってもらった…。ふ〜っと…、息を吐く川村さん。

…「温かくて美味しいね、あたしはお味噌汁が大好きなんだ」

「これは何としても憶えておかなければ」、…と良太は考える。そして次に、ごはんのよそわれたお茶碗をお持ちいただく…。スプーンの先で…、やはり介護用のお皿に盛られた。…刻まれた豆腐ハンバーグを、確認しながら川村さんは食べ始めた。早い入居者さんはも〜食べ終わってしまったよ〜で、…介護士に食後の薬を頼んでいる。

「刻んだキャベツの残りを、スプーンのうえに集めてあげて良太くん…」

刻まれたキャベツもうまくスプーンですくう川村さんだが…、やはり最後の細かく散らばってしまったのは無理なのだ。

…「ぼくがキャベツ集めますから、川村さんスプーンお借りします」

「はいよ」、…介護用スプーンを借りると良太は。散らばった細かいキャベツをスプーンに集め、川村さんに手渡す…。

「ありがと〜…、悪いね」

…川村さんの言葉に、胸が熱くなる良太。「こんなん大したコトじゃないのに」、…そ〜は想うがきっと積み重ねなんだろ〜。

こぼしながらも、川村さんは食事を続けた…。賢明な読者の方は…、お気づきかもわからないが。…こ〜ゆった川村さんのよ〜なケースの場合、大抵は介護する側が全部やってしまった方が。時間的にも手間的にも手っ取り早い、…しかしそれをご自分で為さってもらうのが介護士のお仕事だ。

ごはんやおかずがこぼれてしまったトレーのうえを、川村さんはキョロキョロする…。

「ど〜なさいましたか…、川村さん?」

…良太は、気がつかなくて慌てて尋ねる。

「お味噌汁が見つからなくて、…こぼしてもいけないし」

川村さんの左手に、良太は汁椀を握ってもらう…。

「良太くん…、お味噌汁がこぼれると川村さんにかかっちゃうからそこだけ注意だよ」

…近藤副主任の言葉に、気持ちを引き締める良太。

「やっぱりお味噌汁がイチバン美味しい、…ありがと〜ごちそうさま」

食事トレーを良太が持ちあげると、近藤副主任がお声をかける…。

「川村さんあとはお薬ね…、良太くんこれはぼくやるから」

…何とかやり遂げた、と良太はホッと一息吐いた。自分のやり方や態度次第で、…入居者さんの気分はやはり変わってしまうのだから。責任は重大だ、と良太は考えてゆる…。

 

再臨物語again〜春馬町より愛を込めて〜 その53

「はぁっはぁっ…、実際走ってみると。そこそこゆい距離だな、まぁでも高校時代に比べれば…」

幸楽苑」の面接を受け、…無事採用された良太は。…本日初出勤、早速ランで施設まで通う。

「今ぐらいの季節は…、ホント走ってて気持ちゆい。冬になっちゃうと、また体がなかなか温まらないから…」

季節は、…夏を回って既に秋だ。…良太は、現在22歳である。

「おはよ〜ございます…、岡崎良太出勤しました」

幸楽苑」の入り口をくぐり、事務所にあいさつする良太…。良太に気がついた事務所の職員は、…職員用通用口まで案内してくれた。…ナンバー・キーの暗証番号を教わり、中の男子更衣室に入る。

「あの〜すいません…、煙草はどこで吹かしたらゆいですか?」

着替えても、まだ20分程時間があったので…。事務所の職員に良太は尋ねた、…職員用通用口のそばに灰皿があるらしい。

…「ここで煙草吹かしてたら、すぐみんなと顔見知りになっちゃうなぁ」

幸楽苑」の敷地に入って職員用通用口までの通り道に…、灰皿は置いてあった。良太が「セブン・スター」を吹かしてると、二人程女性の職員が出勤して来る…。「おはよ〜ございますよろしくお願いします」と、…良太があいさつしていると。…先日の、近藤副主任がやって来た。

「おはよ〜良太くん…、今日から出勤だったね。しばらくの間、ぼくがトレーナーとしてつくから…。あゆいよ、…ゆっくり吹かしてて。…まだ時間あるでしょ、終わったらあとで食堂に来て」

お言葉に甘えて…、良太は根元まで煙草を吹かし切る。それから緊張して食堂に向かうと、みんなは忙しそ〜に動き回ってゆた…。

「良太くん、…早速ごめん。…この時間は、みんな朝ごはん終わって。寝てもらわなきゃならないから…、そこの田代さんを見守って。ちょっと待ってて、気をつけてね油断すると立ちあがっちゃう…」

それだけ伝えると、…近藤副主任は入居者さんの一人と。…おトイレに入っていく、残された良太は田代さんと一対一である。

「おれはよォ…、車イスなんていらねぇんじゃねぇか?」

「ど〜ゆう意味?」と疑問を持つ良太だが、まさかそのまま従うワケにもゆかない…。

「田代さん、…車イスに座ってらっしゃれば。…安全ですから、無理しちゃいけません」

良太は言葉で制しよ〜とするが…、田代さんは聞く耳持たない。

「待ってろ今やって見せっから、ホレ見てろ…」

そ〜ゆうと田代さんは、…よろよろしながら立ちあがってしまった。…慌てて体を寄せて、腰と肩を支える良太。

「離せ離せよ…、おれは一人で平気なんだ」

田代さんは不穏な空気をかもし出す、しかし良太は…。「これは手を出すコトはない」と勘で

読む、…そしてさらに体を寄せてピッタリ密着させた。

…「いや〜良太くん、ご苦労さま。はい田代さんおトイレゆくよ…、ちゃんと座ってね」

田代さんと、二人で抱き合うよ〜に立ち尽くす良太に…。近藤副主任が気がついてくれる、…実際には5分ぐらいだったのだろ〜が。…良太には一時間ぐらいに感じられた、近藤副主任は。田代さんの肩を抑え…、車イスに座らせてしまう。それは力には力なのだが、決して力任せではないのだ…。

再臨物語again〜春馬町より愛を込めて〜 その52

…「ここが"幸楽苑"か、そこまで遠くない。このぐらいなら、…また走って通えるか」

国道4号沿いの、幸手の市街地から少し離れた…。のどかな田園地帯の中に…、ポツンと「幸楽苑」はあった。…「何か」あったら困るので、今日は自転車に乗って来たが。体を鍛える為にも、…再びラン通勤を良太は想定する。

「すいません失礼します、施設見学を約束した岡崎良太です…」

良太は建物に入ってすぐ左側にある…、事務所に挨拶した。

…「岡崎さんですねお待ちしてました、今係の者を呼びますのでお待ち下さい」

「想像よりずっとデカいなぁ」、…良太は「幸楽苑」の建物をそ〜想う。10床とゆわれても、具体的な大きさが思い浮かばなかったが…。一部屋が…、意外と広いのかも知れない。

…「お待たせしました、副主任の近藤です」

見たトコロ50代、…いや60代に差しかかっているだろ〜。白髪の男の人が、良太の対応に現れた…。

「はじめまして…、岡崎良太とゆいます。…介護については、学校で習ったコト以外、何もわからないのですが。今日は、…よろしくお願いします」

挨拶する良太に、近藤副主任は笑顔で応える…。

「心配なさらないで…、良太くんぼくもそ〜だったから」

…近藤副主任の朗らかな態度に、良太の緊張も多少はほぐれた。

「この時間のご利用者さん達は、…ちょ〜どお昼ごはん食べて。おトイレいったりおムツ代えてから、お昼ね中ですよ…」

良太は…、近藤副主任に続き「幸楽苑」の中に入ってゆく。

…「ここは、おウチでいえばま〜リビングです。ここでみなさんごはん召しあがって、…時間のある時はT.V.をご覧になったり」

入り口入ってすぐの事務所の、反対側のとびらを開くと…。そこは食堂になってゆた…、大きなテーブルが真ん中にあり。…窓に面したトコロに、これもまた大きなT.V.が設置してある。

「こんにちは、近藤副主任青井さんの便なんですが…。ここのトコロずっと水溶便が続いてて…、これで三日目ですよ」

…良太を案内する近藤副主任に、一人の女性介護士が近づいて来た。「こんにちは」、…挨拶を返す良太。

「やっぱり止まらないか、わかった取り敢えずナースさんに報告しといて…」

緊張する良太…、自分だって勤めたなら対応を迫られるのである。…その後も近藤副主任に、2カ所あるおトイレやお風呂を見学させてもらう良太。

「あらあなたが良太くんね、…はじめまして。私ケア・マネージャーやらしてもらってる。安藤です、ゆい体ね頼もしいわ…」

近藤副主任について施設内を回る良太に…、50代ぐらいの背の高い女性が声をかけた。

…「聞いてるわ、良太くんあの学校で抜群に成績優秀なんですって。ど〜、…"幸楽苑"は気に入ってくれた?」

返事に困る良太に、近藤副主任が助け舟を出してくれる…。

「安藤さんなんぼなんでも…、こんな軽く施設内を軽く見てもらっただけで。…ゆいも悪いもわからんですよ、ただでさえ緊張してるだろ〜に」

明るく笑う、…ケア・マネージャーの安藤さん。

「それもそ〜よね、これからおウチ帰って…。よくよく考えてご検討してみてね…、私良太くんにずい分期待してるんだから」

…ケア・マネージャーの安藤さんは、良太の背中をバシッと叩いた。「何だか話が大きくなってしまってゆる」と、…良太は気恥ずかしく想う。それでも、嬉しくないといえばそれはウソになるだろ〜…。

再臨物語again〜春馬町より愛を込めて〜 その51

「当施設は、駅から歩いて25分と…。少々遠いですが…、通勤時間に合わせて。…専用の送迎バスも出てますから、ご心配の必要はございません」

ホーム・ヘルパー2級の資格を取得する、…福祉の学校の3ヶ月コースも。終わりに近づいてゆた、今日は資格を取ったのち…。就業する介護施設からの…、いわば就職案内である。

…「みなさん介護施設で働かれるのは、当然初めてかと存じます。しかし当施設におきましては、…必ず専任のトレーナーによる。トレーニング・プログラムがございますので、慣れるまでしっかりご指導させていただきます」

今紹介されてるのは、春日部にある150床を抱える…。大型の特別養護老人ホームだ…、ご利用者さんが多いのだから当然スタッフだってたくさん必要なのである。…施設紹介を聞きながら、良太は迷っていた。どんな施設での介護が自分に合ってるのか?、…決めかねてゆる。さて就職案内が終わってしまえば、本日の授業はおしまいだ…。

「どこにするか決まった…、良太くん?」

…隣の席の坂本さんが、良太の方を振り向く。

「まだ何も決まってないんですよ、…自分がどんな介護したいか?がわからなくて」

施設紹介のパンフレットを、自分のバック・パックに詰める良太…。

「私想うんだ…、良太くんは絶対介護士に向いてるって。…だって性格が優しいモノ、じゃ私先帰るね」

教室から出ていく坂本さんを、…良太は見送った。すると、そこへ担任の先生がやって来る…。

「良太くん…、就職希望先は決まった?」

…先程の坂本さんと同じ質問だ、何も決まってないコトを説明する良太。

「それなら良太くん、…私の友達がケア・マネージャーやってる施設を見学してみないかしら」

このお話は、何かしら良太の勘ドコロにピンと来るモノがあった…。

「モチロン…、良太くんのご都合と合わせてね。幸手にあるグループ・ホームで、10床しかない小さな施設よ…。ゆいトコロは、…そんなに業務が忙しくないから。…ご利用者さま一人々々のケアに、時間がかけてもらえる。ただあいにくと、…他の施設に比べてお給料が安くて」

まだお話だけだが、良太は惹きつけられる魅力を感じる…。

「いつでも大丈夫ですそんなに予定詰まってないですから…、何てゆ〜施設です?」

…良太の心は、既に大体は決まってしまってゆた。

「そ〜来なくっちゃ、…良太くん。あ〜よかったわ、良太くんが乗り気で…。いえね…、私この間その友達のケア・マネージャーと一緒にお食事して。…良太くんのコトお話したの、そしたらすごく向こうも乗り気で。"そんなにやる気があるなら是非ウチに欲しい"、…って。ちょっと待って、今パンフレット渡すから…」

パンフレットを受け取ると…、田んぼの真ん中にひっそりとたたずむのどかなグループ・ホームである。…〜運命〜を感じる良太、遂に自分も正社員として働く時が近づいているのだ。