再臨物語again〜春馬町より愛を込めて〜 その34

「恋人ゆるんだ、…良太くん。…それならこの"コーヒー庵"に、連れて来なよ」

正社員の伊藤さんは…、片手で支えたトレーに。のせた空のカップやお皿を、洗い場に持ち込んだ…。

「そりゃ、…面白い。…おれが見てやるから、どんな女性なのか早く連れて来いよ」

お客さんがハけ…、店長はリラックスして笑う。

「申し訳ないですケドね、相当可愛いですから…。二人は恐らく、…"何でぼくにこんな可愛い恋人がゆるんだ?"って驚くでしょ」

…カウンターのうえをかたづけ、ダスターをかける良太。

「おっ…、お前自分でハードルあげやがったな。そこまでゆ〜なら、おれ達が二人…。揃ってるシフトの日に、…必ず見せに来い。…今さら、引っ込みはつかないぞ」

こ〜して…、良太は勝美を伴って。自分のアルバイト先である、「コーヒー庵」を訪れるコトになったのだ…。

「それで、…ぼくはさ。…店長に、"ぼくの恋人勝美さん可愛くてビックリしますよ"。って…、ゆっちゃったんだ」

姫宮駅を出発し、良太のおウチを越え…。「コーヒー庵」に向かって、…歩く良太と勝美。

…「そんな風にゆわれたら、恥ずかしいじゃないですか。私…、そんなに可愛くないです」

編み込みからたらした、おさげに勝美は…。良太からプレゼントされた、…スカーフを巻いている。

…「そんなん、おかしい。だって…、勝美さんは誰より可愛いモノ」

勝美は、何度も良太の言葉を否定し…。そして、…それを認めない良太。…そんなやり取りを繰り返しながら、二人は「コーヒー庵」に到着した。

「いらっしゃいませ…、良太くん遂に来たね。その娘が恋人の勝美さん、ど〜もいらっしゃいませ伊藤です…」

勝美は、…二人を出迎えた正社員の伊藤さんにすぐ丁寧に頭を下げる。

…「いつも良太くんがお世話になってます、私鈴代勝美です」

勝美の態度に…、ちょっと驚く正社員の伊藤さん。

「すごい、ゆい娘だ…。こりゃ、…確かに良太くんのゆ〜通りだわ。…早速、店長にご報告っと」

良太と勝美はテーブル席に案内され…、向かい合わせに座って。メニュー表に目を通した(とはゆっても良太は全部頭にはいってゆるが)、そしてそれぞれの飲みモノと…。二人のお約束、…一つのベイクド・チーズケーキを。…正社員の伊藤さんに注文し、お話をしながら待つ。

「お待たせ致しました…、さわやかな酸味のコーヒーになります」

そ〜ゆって、ホット・コーヒーを運んで来たのは何と店長だった…。返事をして、…受け取る勝美。

…「初めまして勝美さん、店長の山崎です。もしささいなコトでも…、ご要望がおありでしたら。何なりと、すぐにお申しつけ下さい…」

店長は、…深々とお辞儀をして去る。

…後日、良太は「コーヒー庵」に出勤すると。

「いや…、良太くん。今回の勝負は、ぼくらの負けだよ…。勝美さん、…お顔も可愛らしいけれど。…性格がゆい、いま時あんなキチンと頭下げられる女性は先ずいないね」

満面の笑顔の…、正社員の伊藤さん。

「お前にはもったいない、あんな素敵な娘は…。あと5歳年齢重ねてりゃ、…おれが付き合ってる。…ゆいか良太、大切にしてやれよ」

店長は…、淹れてるコーヒーから目を逸らさずに。勝美について、感想を述べた…。

 

 

再臨物語again〜春馬町より愛を込めて〜 その33

「スパゲッティ・カルボナーラ二つ出るぞ、良太…」

キッチンから…、声をかける店長。…良太は急いで、カウンターに出された。スパゲッティ・カルボナーラを、…トレーにのせ片手で支え。お客さんの待つ、テーブルを目指す…。正社員の伊藤さんは…、レジで応対中だ。

…「お待たせ致しました、こちらスパゲッティ・カルボナーラになります」

二人組のお客さんのウチ、…左側の席に座る方が手をあげ。その前に、良太はスパゲッティ・カルボナーラのお皿を静かに置く…。良太がカウンターを振り返ると…、も〜一皿は正社員の伊藤さんが運んでくれてゆた。

…「いらっしゃいませ、ただ今テーブルを。ご準備させていただきますので、…少々お待ち下さい」

一人のお客さんが、新しく入店される…。しかし…、現在テーブルは空いてはいない。…手にしたトレーに、お客さんが使い終わった。コーヒー・カップとお皿をのせ、…急ぎ足で洗い場に持ってゆった。その間正社員の伊藤さんは、待っているお客さんにメニュー表を渡す…。

「お客さま…、よろしければこちらをご覧になってお待ち下さい」

…良太が大学を辞めて、既に三ヶ月が経った。現在の良太は、…アルバイトを主に毎日生活してゆる。週5日一日8時間の、いわゆるフルタイム・シフトだ…。

お客さんからの…、注文の品を。…取り敢えず、出し終わりちょっとほっとする。その時ちょ〜ど、…店長のかけてた。Ray Charlesの「Hallelujah, I love her so」の、…C.D.が停まった。ポケットから、初めて自分で作った…。Jazzのカセット・テープを取り出した良太は…、お店のオーディオに。…セットして、ドキドキしながら再生ボタンを押す。途端に、…呼び鈴が鳴りお客さんの待つ。テーブルの向かう、良太…。

「ご注文を繰り返させていただきます…、モンブランお一つとレア・チーズのケーキお一つで。…お間違いありませんね、では失礼します」

良太は、…端末からオーダーを送信した。すると、一組のお客さんが席を立つ…。レジでの接客は正社員の伊藤さんにお任せし…、良太はテーブルのあと片づけに向かった。…テーブルを片づけてる間も、自分の作った。Jazzのカセット・テープの出来が、…気になって仕方ない良太。

(ど〜なんだろ〜、まさか尋ねるワケにも…。ゆかないけれど…、感想を聞いてみたいモンだなぁ)

…周りのテーブルを、見渡してみると。お客さん達は、…各々おしゃべりに興じたり。ノート・パソコンと、難しい顔でにらめっこしている。仕あげに、ダスターでテーブルをキレイに拭くと…。お客さんの使い終わった…、コーヒー・カップやお皿を洗い場に運んだ。…すると、店長から声をかけられる。

「今のJazzは、…かけてんのお前か?」

うなずいて、良太は返事をした…。

「はいそ〜です…、自分で作りました」

…店長の目は、淹れてゆるコーヒーにまっすぐ注がれてゆる。

「選曲はなかなかだな、…だが流れは今イチだ。お客さんに聴いてもらうんだ、もっと練習しろ…」

思わず…、良太の負けん気に火が点いた。…ホールに戻ると、正社員の伊藤さんは。灰皿片手に、…煙草をもみ消している。

「Jazzなんて、おシャレだね…。やっぱ、…喫茶店はこ〜でないと」

…そ〜ゆうとレジに向かい、帰り支度を始めた。お客さんを…、待った。

 

 

 

 

予告!!「どらねこクエスト〜はらペコ勇者の大冒険!!〜」!

ただ今…、お送りしてゆる「再臨物語again〜春馬町より愛を込めて〜」が完結しましたら。

次の連載シリーズとして、「どらねこクエスト〜はらペコ勇者の大冒険!!〜」とゆ〜作品を用意してあります…。

これは数年前に、…T.V.ゲームのグラフィック・デザイナー大空真紀さんが。

…ご自身の同人活動として、カレンダーにねこミミ娘ちゃんのR.P.G.風のキャラクターを。

6人描かれたコトがあったんです…、それは現在でも大空真紀さんのpixivで観られますが。

そこにぼくが、物語をつけてみたのですが…。

さまざまな理由で、…お蔵入りさせました。

…今回その当時から比べれば、多少文章力も磨かれて。

みなさんに読んで笑っていただける…、ぐらいのクオリティには出来るかな?と存じまして。

発表しよ〜と決断致しました、この物語は…。

ねこミミ娘ちゃんばかりが住む、…「ねこねこファンタジア」とゆ〜世界で。

…世界を支配しよ〜と企む、悪の女帝ゾフィネーヌと地獄の破壊ねこメギムトゥに対し。

ねこ女神オー・ラロルに仕える…、戦士クリム、神官マルミ、魔女ケレナの三人が恋に魔法に大冒険を繰り広げる。

愉快な物語になります、取り敢えず本日はその予告としまして…。

その序曲を、…発表させていただきます♪

 

「どらねこクエスト〜はらペコ勇者の大冒険!!」序曲のテーマ…

Chi Mai/Ennio Morricone

https://youtu.be/gWm_xFuM5ZE

再臨物語again〜春馬町より愛を込めて〜 その32

…「良太、あなた一体。この一年間何やってたの、…この成績はど〜したってゆ〜の?」

3月の後半に入り、遂に今年一年の…。成績表がおウチに送られて来た…、そこでは良太が。…本来履修すべき単位の、1/3ぐらいしか。習得できてないのが、…明らかになったのである。お母さんは、思わず悲鳴のよ〜な声をあげた…。

「…」

…良太は、黙った。もちろん、…当の良太には。いずれこ〜なると、当然少し前からわかり切ってゆる…。

「あなたが…、大学に通うのにどれだけ。…お金がかかってると思うの、こんなんじゃこれ以上お金は出せません」

リビングの、…時計に良太は目をやった。そろそろ、アルバイト先の「コーヒー庵」に…。出勤しなくてならない…、それに今話してもらちは開くまい。

…「取り敢えず、おれも〜アルバイトだから。お話は、…また帰ったらにしよ〜よ」

そ〜伝え、「コーヒー庵」に自転車で出発する良太…。それにしても…、「コーヒー庵」から帰って来るまでには。…今後ど〜するのか、自分の中ではっきりさせておかなくては。

「コーヒー庵」でアルバイトが始まり、…途中お客さんもハけ。一段落すると、正社員の伊藤さんはホールへの…。出入り口のかげで…、煙草を一服し始めた。

…「伊藤さんは、大学どこ出てるんですか?」

失礼かな?とも想うが、…良太は何の気なく正社員の伊藤さんに聞いてみる。

「え、埼玉大学…。どう…、すごいでしょ?」

…煙草から煙をもくもくさせながら、答える正社員の伊藤さん。

「いやホントですね、…国立大学じゃないですか」

煙草はまだい〜かな、と良太はまだ吹かさなかった…。

「良太くん…、知らないでしょ。…ぼく頭ゆいんだから、大学出るまではそりゃあエリートだったのさ」

良太は、…内心「確かに」とうなずいてゆる。正社員の伊藤さんの、お客さんの細やかな…。ニーズをキャッチする力は…、経験の違いを差し引いても真似出来るモノではない。

…「ちなみに、店長はどこなんです?」

余計なコト聞くと、…怒られるから。良太は、声のトーンを落としてコッソリ尋ねた…。

「あの人は…、大学なんて出てない出てない。…高校すら、出てないから。中学卒業したら、…すぐどこかのお店で修行に入って。それ以来、料理一筋(今はコーヒーだが)だよ」

正社員の伊藤さんは、手にした灰皿で吸がらをもみ消す…。

「実はぼく…、今年全然単位採れてないんですよね」

…正社員の伊藤さんに、現在自分の置かれてる状況を良太は打ち明けた。

「そりゃ、…よくないね。大学くらい出といた方が、あとあと"何か"と便利だと思う…。まぁ…、ぼくがゆっても説得力無いケドも。…もしかして、大学サボって働いてるんじゃないよね?」

良太は、…笑ってごまかす。

「いらっしゃいませ、お客さま…」

正社員の伊藤さんに…、唱和する良太。…心の中は、すっきりしている。大学なんてやめてしまお〜、…何の夢も希望もないのに。お金ばかりかかって、本当にバカみたいじゃないか…?そして…、自分の就きたいお仕事が見つかるまでは。…この「コーヒー庵」に、お世話になればゆいのだ。

 

再臨物語again〜春馬町より愛を込めて〜 その31

ピピピピ…、新宿のDisk Unionで。中古のJazz C.D.を眺めてゆた、良太の携帯電話に着信が入る…(ちょ〜どこの頃、…携帯電話が一般に普及し始め。…良太も、つい最近手に入れたばかりだ)。手に取って液晶画面を眺めると…、アルバイト先の「コーヒー庵」からである。「もしもし」と電話に出ると、相手は正社員の伊藤さんだ…。

「もしもし、…ぼく伊藤だけど今電話大丈夫?」

…「ちょっと待って下さい」、と良太はお店の外に出る。

「あの〜…、申し訳ないんだけれども。遅番の悠紀ちゃんが、急に熱出しちゃったらしくて…。今日来られないってゆ〜んだ、…良太くんに代わりに頼めないかな?」

…腕時計を確認する、良太。今からすぐ帰れば…、何とか間に合いそ〜だ。

「ゆいですよ、任せて下さい…」

良太は、…それだけ答えると携帯電話を切る。…ため息を吐く、良太。賢明な読者さん達は…、すでにお気づきかもわからないが。良太が新宿にいる、とゆ〜コトは…。今日は、…これから(本来ならも〜)大学のある日なのだ。

…「しょ〜がないよな、だってさ」

自分が悪いコトをしてるとは…、良太は想わない。しかし大学に通う、お金を出してくれてゆる…。両親には、…罪悪を感じた。…それでも、くよくよ考えてる時間は無い。素早く行動しなければ…、「コーヒー庵」の遅番に間に合わなくなってしまうのだ。急いで、新宿駅に向かう良太…。

何とか、…「コーヒー庵」の遅番の時間に間に合い。…業務をこなして帰ろ〜とする、良太に店長は声をかける。

「時間あるか…、良太?」

明日の予定は、特にない…。「大丈夫ですよ」、…と良太は返事をした。

…「それなら、休憩室で待ってろ」

それだけゆ〜と…、閉店業務に取りかかる店長。「セブン・スター」を休憩室で吹かす、良太だったが…。あまりに退屈なので、…正社員の伊藤さんを手伝いを買って出る。…良太は、床をモップがけし始めた。

「ぼく…、今日"何か"ヘマしましたかね?」

店長のゆいつける、用事の内容がわからない良太は…。正社員の伊藤さんに、…尋ねる。

…「いや、何も問題なかったよ。それよりもむしろ…、突然呼び出して。来てもらっちゃったんだし、お礼の一つもゆえばゆいのに…。でもあの性格だから、…悪いね良太くん」

…各テーブルのお砂糖とミルクを、良太が補充していると。休憩室から…、店長に呼ばれた。

「おれが作ったんだ、これ食って今日はゆっくりやすめ…」

テーブルのうえには、…ハムと卵だけのシンプルなチャーハンがのってゆる。…一口食べて、良太は泣きそ〜になった。高校生活の最後に…、県大会で一本負けを喫してから。何にも打ち込めなかったが、遂に自分の居場所を見つけたのである…。

「何だ、…美味しそ〜な香りがすると想ったら。…ぼくの分は無いの、店長?」

正社員の伊藤さんが…、灰皿を片手に。煙草を吹かしながら、休憩室に入って来た…。

「お金払うなら、…食わせてやるぞ。…これも、お店の経費だからな」

フライパンを洗いながら…、店長は語る。

 

 

 

 

再臨物語again〜春馬町より愛を込めて〜 その30

「メリー・クリスマス…、勝美さん。今年も一年、ありがと〜…」

生ビールのジョッキを、…片手で掲げ差し出す良太。…勝美はそこに、生ビールのグラスでカチンと触れて二人は乾杯する。

「色々ありましたけれど…、あとわずかですね」

12月24日の夕方6:00、良太と勝美は「来福亭」でクリスマス会を開いてゆた…。新宿の街に、…気の利いたお店を知らないでもない良太だが。…あまり遅くなると、勝美さんのご両親が心配するだろ〜とゆ〜のと。都内のお店で実際食べてみて…、ご近所の「来福亭」のお味が相当美味しいコトを知ったのである。

「ウチでクリスマス会なんて、バカゆってんじゃないよ…」

「来福亭」のダンナさんは、…初め良太の頼みを一も二もなく突っぱねた。

…「いやでもさ、例えば春日部とか。都内のお店なんかより…、ダンナさんの方が腕がゆいんだ。ほらおれが何度か連れて来た、あの娘勝美さんってゆ〜んだケド…。勝美さんも、…この"来福亭"の味がお気に入りで。…だから、やってもらえないモンかなぁ?」

頭を下げる良太に…、「来福亭」の奥さんが助け舟を出してくれる。

「やってあげたらゆいじゃない、良ちゃんがよく連れて来る娘でしょ…?あなたの味を望んで下さってる、…ってゆ〜んだから。…お客さんは大切にしないと、可愛いらしい娘よね。ダメよ良ちゃん…、浮気なんかしたら」

奥さんの加勢に、「来福亭」のダンナさんも遂に折れた…。

「そこまでゆ〜んじゃ、…しょ〜がねぇ。…じゃあ良太、一人1500円だな。それで…、四皿出してやる。ゆいか、飲み代は別だぞ…?」

脇で聞いていた、…純平も興味津々である。

…「おれの時も頼むよ、ダンナさん。このお店安くて美味しいから…、女性口説くのに打ってつけだ」

「お前は、飲酒運転止めてからだ…」

そんなワケで、…テーブルのうえに。…最初のお皿、ギョーザ、シューマイ、春巻きの。点心盛り合わせが…、運ばれた。

「テニス・サークルってゆっても、ほとんど遊びなんですね…。みんな、…テニスしたいのか飲み会したいのかわからないぐらい」

…勝美は、大振りのシューマイを。小皿にのせて…、はしで崩す。

「私は、最初の一杯だけ…。ビールお付き合いしたら、…あとはウーロン茶でごまかしてますから」

…生ビールのジョッキを、良太はぐいぐい傾けた。お酒で勢いをつけて…、プレゼントを渡す作戦だ。

「勝美さん、これおれからのクリスマス・プレゼント…。気に入ってくれたら、…嬉しいな」

…開けてもゆいか尋ねる勝美と、うなずく良太。勝美が包装を丁寧にはがすと…、中から出て来たのは。白地に濃い青とオレンジの、あのスカーフである…。

「これ、…あの時銀座のお店で。…良太くん、高かったでしょ?」

良太は…、生ビールをぐいぐい飲んだ。

「あのあと、お給料が出たら…。すぐ一人で銀座にいったんだ、…そしたらまだ。…残ってたから、買って取っといたんだよ」

思わず…、顔をほころばせる勝美。

「ありがと〜、良太くん…」

それだけを、…口にした勝美である。…しかし心の中では、これで会えない時間もさびしくない。と…、想ったのだ。

 

再臨物語again〜春馬町より愛を込めて〜 その29

「あっ、…やられちゃった。…やっぱり"メタル・スラッグ"は、最終面よりもこのステージ5が難しいんだよな」

今は11月の…、朝9:00。例の新宿で営業してゆる、地下のゲーム・センターで…。今日も良太は、…時間を潰していた。

…「ステージ5のボスさえ倒しちゃえば、クリアは目前だ。よ〜しも〜一息…、がんばるぞ」

この頃の良太は、時間通りにおウチを出発するモノの…。この新宿の、…地下にあるゲーム・センターで。…午前中は、たむろしてゆるコトが多い。

「よしよし…、無事"メタル・スラッグ"。全ステージ・クリアだ、ハイ・スコアにイニシャル記入して…」

1/3程残った缶コーヒーをすすり、…ゲームの終わった「メタル・スラッグ」の。…ゲーム機に座ったまま、良太は「セブン・スター」を吹かした。

「次は…、何にするか?そ〜だな、"グラディウスⅡ"にしよ〜。ちょっと、…待っててね」

…この新宿の地下ゲーム・センターで、だらだら過ごしていると。良太は…、まるで天国にゆるよ〜な心地を味わえる。この空間はまるで時間が止まったよ〜に、通い始めてから何も変わらない…。いつも同じT.V.ゲーム、…いつも同じお客さん。…複数のゲーム機から発される、ガチャガチャうるさい不協和音。そして狭い店内で…、何本も吹かされた煙草で。真っ白になった、空気…。良太は、…生まれて初めて自由を謳歌していると実感した。

…缶コーヒーの残りを、グイッとあおると。自動販売機脇にある…、ゴミ箱に空き缶を捨て。使ってる灰皿を持って、「グラディウスⅡ」のゲーム機に座る…。

「装備はどれにするかな、…ど〜にも"グラディウスⅡ"は難しくて」

…中学・高校の六年間、良太はずっと部活漬けだった。モチロン学校の帰りに…、春日部に寄って。部活の仲間と遊んだりしたが、それははっきりゆって些事である…。翌日になれば、…またハードな練習が待ってゆるのだから。…さっさと帰って眠らなければ、いくら若いとゆっても体がモたない。

「おれダメだな〜…、この3面のボス一体ど〜やって倒すんだろ?」

この新宿とゆ〜、街の空気もよかった…。妖しくて退廃な、…カオスの空気。…勝美から、Jazzのカセット・テープを借り。純平から…、「Trainspotting」を紹介されて始まった。アート・カルチャーへの憧れは、新宿の街で結実しつつあった…。

「何度やっても無理だ〜、…おっそろそろ時間かな?」

…良太が腕時計を見ると、時間は10:30になろ〜としてゆた。そろそろ大学に向かわなければ…、午後の授業にも間に合わない。地下ゲーム・センターを出て、良太は京王線の乗り口を目指す…。しかしその脳裏に、…突然。…こんなイメージが、降って湧いた。

「ここからゆっくり歩いてれば…、TOWER RECORDSがも〜開店するなぁ」

京王線の乗り口に、背を向ける良太…。歩き出した良太は、…不思議と罪悪感はそれ程感じなかった。…それよりも、新しくリリースされる。JazzのC.D.を漁れる…、そんなわくわくした気持ちで良太の心はいっぱいである。