読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃太郎 前編

f:id:ootmarsum:20141221095905j:plain

昔々あるところに、おじいさんとおばあさんが、住んでいました。

おじいさんは、山へ芝刈りに。

おばあさんは、川へ洗濯に行きました。

おばあさんが、川で洗濯をしていると、川上から大きな桃が、流れて来ました。

おばあさん「おや、珍しい…。この川の上流に、桃なんてあったろうか?それにしても、大きな桃だ。大きな物は、大味だと言うが…、それでも桃には違いない。持って帰って、晩のお膳に、並べよう。」

おばあさんは、山から下りてきたおじいさんと二人で、桃を家まで運びました。

おじいさんも、目を丸くして驚き、

おじいさん「いやあ、それにしても大きな桃だ。これだけあれば、桃がたんと食えるのう。ありがたいことだ、ありがたいことだ。」

二人は家に帰り、土間に大きな桃を、降ろしました。

おじいさん「おばあさんや、わしの気のせいかのう?この桃の中から、運んでいる間中、ずっとドカドカと、壁を蹴るような音が、するんじゃが…。」

おばあさん「あら、おじいさんもですか?私も、この大きな桃の中から、おぎゃ〜とか、あーんとか、赤ん坊の泣き声の様な、音がするんですよ。何だか、薄気味悪い…。」

二人は恐る恐る、桃を慎重に、割ってみました。

そうすると…。

赤ん坊「ふんぎゃあ、ふんぎゃあ!」

中から、それはそれは元気な赤ん坊が、飛び出して来ました。

おばあさん「何て、可愛らしい赤ん坊でしょう!」

おじいさん「おばあさん、これはどうした事だろう…?桃を割ったら、中から赤ん坊が生まれて来るなんて、そんな話はわしゃ、聞いたことがない。」

おばあさん「おじいさん、これはきっと、子供がいない私達夫婦の為に、天の神様が憐れんで、授けてくれたんですよ。そうだ、桃から生まれてきたんだから、桃太郎と名づけましょうよ。」

おじいさん「うん、そりゃいい名前だ。元気で丈夫な男の子のようだし、わしら夫婦の息子として、育てる事にしよう。」

桃太郎は、優しいおじいさんとおばあさんの元で、スクスクと育ちました。

村の子供たちと相撲を取っても、誰一人、桃太郎には敵いません。

それに、桃太郎は働く事が大好きで、おばあさんを手伝って、火を起こしたり、おじいさんと一緒に、山へ入ったり、していました。

そんな訳で、桃太郎は村では評判の、孝行息子でした。

桃太郎は、ある日言いました。

桃太郎「おじいさん、おばあさん。私は、遠い鬼ヶ島まで、はるばる旅をし、人々を困らせている鬼達を、征伐してこようと、思います。」

おじいさんは驚きましたが、桃太郎が一人前の男として、成長した事を喜びました。

おじいさん「うむ、お前の志はよくわかった。桃太郎よ、我が家には遠い先祖より伝わる、一振りの太刀がある。無銘だが、よく斬れると評判でな。最も、わしは試した事は、無いのだが…。それを、お前にやろう。しかし、おいそれと抜いては、いかん。本当にお前が、必要だと思った時だけ、抜きなさい。」

桃太郎「ありがとうございます。今の私には、何より心強い、贈り物です。」

おばあさん「私からは、お前がいつも、美味しい美味しいと食べてくれた、吉備団子を贈ろう。もし旅先で、どうしても食べ物に困るような事があれば、食べなさい。」

桃太郎「ありがとうございます。食べ物の心配は、旅の中では最も大きなもの。これで私の心配は、大きく減じました。二人共安心して、私の帰りを待っていて、下さい。私は、必ずや鬼達を征伐して、その豊かな金銀財宝を、持ち帰ります。そうしたら、三人で何不自由のない、幸せな暮らしをしましょう。」

おばあさん「桃太郎、思い上がってはいけません。私達は二人共、そんな事は望んでいないのです。ただあなだが、男として一度志を立てた以上、恥ずかしい卑怯な振る舞いをする事なく、立派に事を成してくれる、それだけを私達は望んでいるのです。」

桃太郎「わかりました。この桃太郎、肝に命じておきます。では、私の安全を、祈っていて下さい。行ってまいります。」

こうして桃太郎は、旅に出ました。